「レジ袋」有料化|「レジ袋」英語でいうと?

「レジ袋」有料化|「レジ袋」英語でいうと?

「レジ」は cash register|「レジ袋」の意味は?

普段「レジ」と言っているのは cash register のこと。日本語で「金銭登録機」。

「売上高の記録、計算、および金銭の保管などを行う機械」のこと。

 

「レジ係」と言っている店員さんは英語で cashier という。cash 「現金」を -ier 「扱う人」というのが本来の意味。

日本語の「袋」は英語で bag というが、「レジ袋」を reji bag と言っても通じない。

 

「レジ袋」は plastic shopping bag

ビニール袋は英語では plastic bag

bag を「鞄」とだけ覚え、plastic bag を「プラスチックの鞄」と間違える人がいる。

bag の一つ目の意味は「袋」。

スーパーやコンビニの「ビニール袋」「レジ袋」plastic bagplastic shopping bag という。

 

「レジ袋」有料化の動き、目的はゴミ削減

「現在、全国の多くのスーパー、コンビニなどの店は顧客に無料でレジ袋を提供している」

Nowadays many supermarkets, convenience stores and other shops across the country provide customers with plastic shopping bags for free.

for free 「無料で」

 

レジ袋有料化の話あり。

 

「原田環境大臣によると、レジ袋は有料化され、値段は各事業者が決めるとのこと」

According to Environment Minister Yoshiaki Harada, plastic shopping bags will be offered for fees, with fee levels to be set by each business.

according to … 「~によると」、be offered 「提供される」、for fees 「有料で」、fee levels to be set by … 「値段は~により決められる」

 

「環境省はプラスチックゴミの量を減らそうとしている。プラごみは大きな社会問題となっている」

The Environment Ministry aims to reduce the amount of plastic waste, which is becoming a major problem in society.

the Environment Ministry 「環境省」、aim to … 「~を目指す」、amount 「量」、major problem 「大きな問題」、society 「社会」

 

英語の勉強で大事なことは、言葉の意味とその並べ方。単語と熟語(2つ以上の単語の組み合わせで1つの意味を表すもの)の意味を覚え、正しい順序で並べて文を作ると、通じる英語になる。

「単語、熟語を覚える → 正しい並べ方を覚える → 通じる英語」— この順番が大事。

単語、熟語は必ず文の中で覚える。それが使える英語への最短ルート。

このレッスンでは、よくある間違いをしないためのワンポイントレッスンを紹介します。

関連記事

  1. 「訳あり商品」|「imperfect products」味は変わらず値段は安い

  2. 「乗る」「get on と get in」使い分けと違い

  3. 「裕福な」|「rich」「wealthy」「affluent」「well-off」「comfortable」の使い分け

  4. 「環境」|「environment」「surroundings」の違いと使い方

  5. 「数字」|「number」「figure」「numeral」の使い分け

  6. 「かご」いろいろな「basket」|basket の違いと使い方

  7. 「ネック」は neck ではない?| bottleneck で「交通渋滞」?

  8. 「禁止する」|「ban」「forbid」「prohibit」の違いと使い方

  9. 「consider」は「一緒に星を」→「多くの星を一緒によく見る」→「念入りにみる、調べる」⇒「よく考える、熟慮する、~とみなす」