「特別の」|「special」「particular」「specific」「unique」の違いと使い方

「特別の」|「special」「particular」「specific」「unique」の違いと使い方

「特別」といっても同種内の特別、甚だしく特異、際立っていることなどいろいろある。英語の言い方を覚えておきましょう。

 

「特別の」|「special」は同種のものと比べて特別

special は同種類のものと比べて特別な性質、特徴、独自性を持つことを表すときに使われる語。

 

写真家。

The news photographer was awarded a special prize at the photo exhibition. (その報道写真家は写真展で特別賞を授与されました)

※ special prize「特別賞」

 

意中(いちゅう)の人。

My sister seems to have someone special.  (姉には誰か意中の人がいるようです)

 

村おこし。

The villagers are seeking a market for special village products. (村人は村の特産品の売れ口を捜しています)

 

「特別の」|「particular」は特異性

particular は通常よりも程度が甚だしく、同種類のものと区別される特異性を表すときに使われる語。

 

異常気象。

It was particularly cold last winter.   (昨年の冬はいちだんと冬の寒さが厳しかった)

 

車好きの人が言います。

When it comes to cars, I’m particular.   (私は車にはちょっとうるさいです)

※ when it comes to …「~のことになると…」

 

特別扱い。

The producer favors a particular actress.  (そのプロデューサーは特定の女優をえきひいきしています)

 

名人の語り口。

Nobody can imitate the rakugo comic storyteller’s particular style of talking.  (その落語家の語り口はだれにもまねできません)

 

「特別の」|「specific」は際立った性質や特徴

specific は際立った性質や特徴をいうときに使われる語。

specific は特に明確性や具体性を含む場合に使われる語。

 

The governor always agrees in principle, but voices opposition when it comes to specific issues.  (その知事はいつも総論賛成、各論反対なのです)

 

お年は関係ない。

I believe it’s true that there’s no specifically appropriate age for falling in love.  (恋愛に適齢期はないと言っていいのではないかと思います)

※ appropriate age「適齢期」(←適切な年齢)

 

一触即発は恐ろしい。

The country has a lot of missiles targeted on a specific country.  (その国は特定の国を標的とする多数のミサイルを保有しています)

 

「特別の」|「unique」は唯一の特別さ

unique はそれしかないという唯一の特別さを表すときに使われる語。

 

独特の演出。

Mr. Ninagawa’s direction of Hamlet is unique.  (ニナガワ氏のハムレットの演出は異色です)

 

ターミネーターが州知事になりました。

As a screen actor he was a unique figure among provincial governors.  (映画俳優の彼は知事の中では異色の存在でした)

※ provincial governor「知事」

 

これがわかる外国人もいます。

Bushido constitutes a part of a culture unique to Japan.  (武士道は日本固有の文化をなしている)

※ unique to Japan「日本固有の」

 

まとめ|「特別の」「special」「particular」「specific」「unique」

special は同種のものと比べて特別

particular は特異性

specific は際立った性質や特徴

unique は唯一の特別さ

 

関連記事

  1. 「死ぬ」|「pass away」「depart」「perish」「expire」「kick the bucket」の違いと使い方

  2. 「磨く」|「shine」「polish」「burnish」の違いと使い方

  3. 「買う」|「buy」「purchase」の違いと使い方

  4. 「しるし」|「symptom」「indication」の違いと使い方

  5. 「速い」|「speedy」「swift」の違いと使いかた

  6. 「移動する」|「shift」「transfer」の違いと使い方

  7. 「concrete」は「一緒に成長した」→「成長した、固まった、形ができた」⇒「具体的な、明確な、実際の、現実の」

  8. 「出来事」|「event」「incident」の違いと使い方

  9. 「奇妙な」|「funny」「curious」「peculiar」の違いと使い方