相対性理論の「アインシュタイン」のお名前は「一石」さん

相対性理論の「アインシュタイン」のお名前は「一石」さん

ブラックホールを予言した相対性理論の「アインシュタイン」の綴りは「Einstein」。この名前はドイツ語です。

この名前を英語で書くと「One stone」。

 

Einstein  ドイツ語の発音は「アインシュタイン」、英語の発音は「アインスタイン

ein は英語の one、stein は英語の stone。どちらも元々同じ語からドイツ語と英語の単語になった。

天才「アインシュタイン Einstein」氏は「One stone」氏、日本語に訳すと「一石」氏となる。

英文の中で「Einstein」が出てきたら「アインシュタイン」ではなく「アインスタイン」と発音する。

 

天才 Einstein「アインシュタイン」

「アインシュタインは、エネルギーと質量は等価であるという結論を出した」

Einstein concluded that energy and mass are equivalent.

conclude 「結論を出す」、energy 「エネルギー」、mass 「質量」、equivalent 「等価」

 

「アインシュタインは1921年にノーベル物理学賞を受賞しました」

Einstein received the Nobel Prize in Physics in 1921.

receive 「受賞する」、the Nobel Prize in Physics 「ノーベル物理学賞」

 

「アインシュタインの功績は、宇宙に関する私たちの理解に、激変をもたらしました」

Einstein’s work caused a seismic change in our understanding of the universe.

work 「功績」、cause 「もたらす、~を引き起こす」、seismic change 「激変」、universe 「宇宙」

 

英語の勉強で大事なことは、言葉の意味とその並べ方。単語と熟語(2つ以上の単語の組み合わせで1つの意味を表すもの)の意味を覚え、正しい順序で並べて文を作ると、通じる英語になる。

「単語、熟語を覚える → 正しい並べ方を覚える → 通じる英語」— この順番が大事。

単語、熟語は必ず文の中で覚える。それが使える英語への最短ルート。

このレッスンでは、よくある間違いをしないためのワンポイントレッスンを紹介します。

関連記事

  1. 「明らかな」|「evident」「apparent」の違いと使い方

  2. 「修理する」|「repair」「fix」「mend」の違いと使い方

  3. 「depart」|「離れて」さらに「別れ」て「出発する」になる

  4. 「monotonous」「1つの音だけ」は「単調な」

  5. 「universal」は「1つに回る」→「全世界の、普遍的な、全員の、宇宙の」

  6. 「精神」|「brain」「intelligence」の違いと使い方

  7. 種は「seed」、スポーツ用語の「シード」は?

  8. 「exceed」は「外へ行く」→「超える、越える、まさる」の意味になる

  9. 「disappear」は「(打消し)+見える・見えてくる」→「見えなくなる、消える」