「練習」|「practice」「training」「exercise」「drill」「rehearsal」の使い分け

「練習」|「practice」「training」「exercise」「drill」「rehearsal」の使い分け

日本語の「練習」は、スポーツの練習、楽器の練習、算数や数学の問題練習など、いろいろな場面で使われる語。

では、いろいろな「練習」を英語ではどんな単語を使うのか。いくつかの単語の使い分けが必要。

「練習」|「practice」は技術向上を目指し定期的・反復的な練習

「practice」は技術の向上を目指して定期的あるいは反復的に練習するときに使う。

 

典型的なものは楽器の練習

I practice the piano every day.

「わたしは毎日ピアノの練習をする」

 

ただし、あまり夢中になると次のようなことになりかねない。

My sister was so absorbed in practicing the violin that she forgot her dentist’s appointment yesterday .

「妹はバイオリンの練習に一生懸命になりすぎ、昨日は歯医者の予約を忘れてしまった」

 

観光地のタクシードライバーさんの中にはこんな人もいる。

The taxi driver practices conversational English twice a week.

「そのタクシー運転手は週2回英会話を勉強している」

※この場合、practice の代わりに study も使える。

 

「練習」|「training」は仕事に必要な技術、健康維持の目的、運動競技会に備えての練習

「training」は仕事に必要な技術を学ぶとき、健康維持の目的の練習、また運動競技会に備えて体操などをするようなときに使われる語。

 

憧れの職業の一つでしょう。

He is now receiving training to become a pilot.

「彼は今パイロットになる訓練を受けている」

 

スポーツ関係の大会でより良い結果を出すためにありそうなことは、

The two coaches argued with each other about training methods of athletes for the Olympics.

「二人のコーチはオリンピック選手の練習方法のことで言い合った」

 

結果の出せる選手はこんなこともやる。

The athlete does a thorough image training before his game

「その選手は試合前に入念なイメージトレーニングをする」

 

「練習」|「exercise」は健康維持、体力増強のための一連の活動、練習

健康ブームがずっと続き、今も健康志向の人がたくさんいます。多くの人がやるのが「exercise」=「エクササイズ」。

「exercise」は健康維持や体力増強のためにする一連の定期的な肉体的・精神的活動、また技術を発展させるためにする練習をいう。

 

運動不足の人にお医者さんがよく言います。

My doctor advised me to take regular exercise.

「私のかかっている医者が定期的に運動するようにとアドバイスしてくれた」

 

お腹をへこませたい人の運動もある。

This exercise is effective for strengthening the abdominal muscles.

「この運動は腹筋の強化に効果がある」

※ effective 「効果がある」   strengthen 「強くする」   abdominal muscles 「腹筋」

 

「練習」|「drill」は繰り返しの練習

「drill」は同じ練習を何度も繰り返して学ぶこと。火災、地震、津波など緊急時に備えての訓練や、軍隊などにおける行進や武器を使った軍事訓練などにも用いる語。

 

災害に備えての訓練が大事です。

A disaster drill for a potential major earthquake was carried out this month in our town.

「今月、私たちの町では大地震を仮想した避難訓練が行われた」

※「避難訓練」は an evacuation drill とも言います。

 

小学生はこんなことも大事。

They solve ten math drill problems a day.

「彼らは算数ドリルを1日10題やる」

 

「練習」|「rehearsal」は芝居や演奏会の予行練習

「rehearsal」は芝居や演奏会の公演前に全員でする予行練習をいう。この語は比喩的に用いられることもある。

 

演出家から役者の方々に、こんな声がかかるのでしょうか?

The dress rehearsal will start at 5 p.m.

「午後5時から舞台稽古を始めます」

 

さらに、演出家が厳しい方の場合、こんなこともあるようです。

They held a detailed rehearsal even on opening day.

「初日当日でも舞台では入念なリハーサルが行われた」

 

こんな表現にも使える。

I gave a speech without any rehearsal at the party.

「そのパーティで、ぶっつけ本番でスピーチをした」

※ without any rehearsal 「リハーサルなしに」→「ぶっつけ本番で」

関連記事

  1. 「始める、始まる」|「begin」と「start」の使い分け

  2. 「かご」いろいろな「basket」|basket の違いと使い方

  3. 「目的」|「purpose」「aim」「end」「goal」「object」「objective」の使い分け

  4. 「延期する」|「delay」「postpone」「put off」の使い分け

  5. 「肉」を英語でいうと? meat だけが「肉」ではない!

  6. 「非難する」|「blame」「criticize」「accuse」「condemn」の違いと使い方

  7. 「服」|「clothes」「clothing」「dress」「wear」の使い分け

  8. 「親切な」|「kind」「gentle」「thoughtful」「considerate」「good」「nice」の使い分け

  9. 種は「seed」、スポーツ用語の「シード」は?