「small」は「小さい」だけではない|「取るに足りない」「狭量の」などもある

「small」は「小さい」だけではない|「取るに足りない」「狭量の」もある

「small」は英語を習い始めるとすぐに習う語。意味は「小さい、小さな」。

 

「small」が「小さな」の意味の場合

「小さな」の意味の small の使い方を復習しよう。

 

各地で高さを競うビルが建っている。

Seen from above, people look as small as ants.

「上から見ると、人々がアリのように小さく見える」

 

都会は家賃が高いので住まいは小さくする人が多い。

small room は「小さな」部屋、あるいは「狭い」部屋、の意味。

My small room is crammed with furniture.

「私の小さな部屋は家具でぎゅうぎゅう詰めです」

 

家族は大事です。

The family is the smallest social unit.

「家族は社会の最小単位です」

 

a small man は小柄な男、ただしこの言い方はもう一つ意味がある。

He’s a small man, only 150 centimeters tall.

「彼は小柄な男で、身長はたった150センチしかありません」

 

「small」は「小さな」だけではない

「small」が「取るに足らない」の意味の場合

 

人間、忘れることも大事。

Let’s forget such a small fault.

「そのようなつまらない間違いは忘れよう」

 

遊んでいないで、

Let’s skip the small talk and get down to business, shall we?

「世間話はやめて仕事にかかりましょう」

※ small talk「世間話」

 

「small」が「狭量」の意味の場合

small には「けちな、狭量の、心の狭い」の意味もある。

a small man の意味は「小柄な男」だけではなく a man with a small mind 「心の狭い人」の意味もある。

a small nature は「けちな性質」であって「小さな自然」ではない。

 

こんな使い方もある。

It is small of you to say bad things about your parents.

= You are small to say bad things about your parents.

「両親の悪口を言うなんて、みっともないよ」(←「器量が小さい」)

「君は小さい」という意味ではないので注意!

関連記事

  1. 「invent」は「上に出てくる」→「創り出す、発明する」

  2. 「resemble」は「元に似せる」→「~に似ている」

  3. 「飲む」|「drink」「sip」「imbibe」の違いと使い方

  4. 「preside」は「前に座る、統括する」→「議長を務める、最高の位置を占める」

  5. 「supervise」は「~の上を見る」→「監視する」⇒「監督する、指揮をとる、監視する」

  6. 「保持する」|「keep」「retain」「withhold」「reserve」の違いと使い方

  7. 「内気な」|「shy」「bashful」「modest」の違いと使い方

  8. 「病気」|「disease」「illness」「sickness」「trouble」の違いと使い方

  9. 「説明する」|「explain」「account for」「describe」「illustrate」「tell」の違いと使い方