「進歩」|「advance」「progress」の違いと使い方

「進歩」|「advance」「progress」の違いと使い方

日本語の「進歩」は「前へ進むこと」「物事がよい方へ、望ましい方へ進む」を表す。

英語の advance と progress は使い分けが必要。

語源も見ておこう。

advance はラテン語 abante から英語に入った。ab-「~離れて」+ -ante「前へ」⇒「ずっと前へ(進む)」から「進歩」の意味になった。

progress はラテン語 progressus から英語に入った。pro-「前へ」+ -gress「歩く」⇒「前進した」から「進歩」の意味になった。

 

「進歩」|「advance」は特定分野の進歩や発展、加算名詞

「advance」は特定の分野の進歩やその具体的発展を強調する語。

advance は加算名詞で、technological, medical, scientific などの形容詞がつく。

 

一般の人も、もう少しで宇宙へ。

Technological advances have enabled human beings to travel to space.

「技術が進歩したおかげで、人間が宇宙へ旅することができるようになった」

 

ある人はこう言います。

With the advance of civilization, people tend to lose their innocence.

「文明が進むと、人間は純粋な心を失いないがちになる」

 

新しい治療法が次々と現れている。

The unprecedented advances in medicine are giving many patients new hope.

「医学における前例のない技術の進歩が、多くの患者に新たなる希望を与えています」

 

「進歩」|「progress」は学習や事態の進行

「progress」は学習や事態などが進行する様子を表す語。

progress は不可算名詞で、slow, rapid, some, much などの語と共に使われることが多い。

 

努力は報われる。

My son has been making rapid progress in his studies.

「息子の学校の成績がぐんぐん上がってきている」

 

才能のある人。

Within a short time, his daughter has made remarkable progress in playing the violin.

「彼の娘のバイオリンは短期間で著しく進歩した」

 

父親は子供を応援する。

The player’s father was alternately happy and anxious about the progress of the final match.

「その選手の父親は、決勝戦の試合経過に一喜一憂していた」

関連記事

  1. 「会議」|「meeting」「conference」「gathering」「assembly」「convention」の使い分け

  2. 「頭」|「head と hair と brain」|使い分けと違い

  3. 「evening と night」使い分けと違い

  4. 「怒り」|「anger」「rage」「fury」「wrath」の違いと使い方

  5. 「オルゴール」は「オール・ゴールド」全部、金?

  6. 「方法」|「way」「method」「manner」「means」の使い分け

  7. 「ホーン(警笛)とホルン(ラッパ)」|「ホーン」は鳴らし、「ホルン」は吹く

  8. 「気持ち」|「emotion」「feeling」「passion」「sentiment」の違いと使い方

  9. 「アルバイト」は英語?