「impediment」|「足」を入れて邪魔する「障害」

「impediment」|「足」を入れて邪魔する「障害」

「障害、妨害、身体障害」などの意味を表す impediment。

ラテン語 impedire (妨げる、邪魔する)から来た語。

ped は「足」の意味。ped の前に im(中に)、ped の後ろに ment(名詞語尾)をつけてできた単語。

im (中に) + ped (足) + ment (名詞語尾) ⇒ impediment 「足を中に入れて邪魔すること」の意味。

動詞は impede  「邪魔する、遅らせる」

 

例文で覚えよう。

The lack of human resources is a major impediment to research.

「人材不足が研究を妨げている大きな要因だ」

 

Rescue attempts were impeded by the torrential rain.

「救助計画はどしゃ降りのため遅らされた」

 

「expedient」|「足かせ」をはずして「都合よい」となる

ex (外に) + pedi (足) + ent (形容詞語尾) ⇒ expedient  「都合のよい、適切な、得策な」となる。

 

It is expedient that we study English when we are young.

「若いうちに英語を学ぶのが得策だ」

 

「expedition」|「足を外に向ける」すなわち「遠征」

ex (外に) + pedi (足) + tion (名詞語尾) ⇒ expedition  「足を外に向けること」の意味になり、「遠征、探検、小旅行」を表す。

 

The actor went on an expedition to the North Pole alone.

「その俳優は単独で北極探検に出かけた」

 

「pedestrian」は「足 (ped)で行く人」

pedester(徒歩)+ ian (人) ⇒ pedestrian 「足で行く人」=「歩く人」すなわち「歩行者」となる。

形容詞としても働きもあり「歩行の、徒歩の」の意味もある。

 

この語はアクセントも注意! pe-DES-tri-an のように、第2音節を強く発音する。

 

This road is exclusively for pedestrians only at weekends.

「この通りは週末だけ歩行者専用になる」

 

「pedigree」|「鶴の足」から「家系図」の意味になった

pedigree は中期フランス語 pie de grue 「鶴の足」から英語になった語。家系図が鶴の足に似ているので、この意味になった。grue はラテン語の grus から来ている。

ped (足)+ gree (鶴) ⇒ 「鶴の足のようなもの」から「家系図」。

 

この語もアクセントに注意! PED-i-gree のように、第1音節を強く発音する。

 

The Tokugawa House has an excellent pedigree.

「徳川家には素晴らしい歴史がある」

 

関連記事

  1. 「訳あり商品」|「imperfect products」味は変わらず値段は安い

  2. 「巨大な」|「massive」「tremendous」の違いと使い方

  3. 小鹿に「人間のにおいがつく」は英語でいうと?

  4. 「intangible」は「触ることができない」⇒「触れることのできない、実体のない、無形の」

  5. 「だめにする」|「ruin」「spoil」の違いと使い方

  6. 「尋ねる」|「inquire」「interrogate」の違いと使い方

  7. 「retreat」は「後ろへ引く」→「退却、減衰、隠居所、避難所」などの意味になる

  8. 「garden と yard」|「庭」の使い分けと違い

  9. 「forecast」は「前もって投げる」⇒「予想する、予測する、予報する」