「高く」|「high」「highly」の違いと使い方

「高く」|「high」「highly」の違いと使い方

「高く」は、「高い位置で~」のこともあり、「程度が高く~」もある。英語の言い方を覚えておきましょう。

「高く」|「high」は副詞のとき「(位置が)高く」の意味で動詞を修飾。

high は「高く」の意味の場合品詞は「副詞」で「(位置が)高く」の意味を表すときに使われる語。通例は動詞を修飾する。

high は「高い」の意味では品詞は「形容詞」。

東京湾クルーズで、  We can see a plane high up in the sky.    (空高く飛行機が見えます)

熱気球大会で、  The hot-air balloon rose high overhead.    (熱気球は頭上高く揚がりました)

上空を飛んだ。  The helicopter flew high over the ocean.    (ヘリコプターは洋上を、高く飛びました)

寝過ごしたとき、  The sun is already high in the sky.    (太陽はすでに空高く昇っています) ※注意‼ この high は形容詞

「高く」|「highly」は比喩的に「(程度などが)高く」の意味で形容詞、動詞の過去分詞を修飾。

highly は「高く」は品詞は「副詞」で比喩的な用法のみで「(程度などが)高く」の意味を表すときに使われる語。

highly は通例は形容詞、動詞の過去分詞を修飾する。

防災意識が大事。  Instant foods are highly appreciated in case of disaster.    (災害時にはインスタント食品が重宝がられます)  ※ in case of …「~の場合には」

高学歴の方々。  There was a gathering of highly educated entertainers after the party.    (パーティーの後、高学歴芸人の集まりがありました)  ※ entertainer「芸人」

機材も大事。  This is a highly sensitive microphone.    (これは非常に感度のよいマイクです)

演技力。  His acting is highly rated in professional circles.    (彼の演技は玄人筋では高く評価されています)

まとめ|「高く」「high」「highly」

high は副詞のとき「(位置が)高く」の意味で動詞を修飾

highly は比喩的に「(程度などが)高く」の意味で形容詞、動詞の過去分詞を修飾

関連記事

  1. 「仕事」|「work」「labor」「business」の違いと使い方

  2. 「substance」は「下に立っているもの」→「万物の下にしっかり存在しているもの」⇒「物質、実質、内容、要旨、骨子」

  3. 「conquest」は「完全に求める・入手する」→「完全に獲得」⇒「征服」

  4. 「消える」|「clear」「dissolve」「melt」の違いと使い方

  5. 「技術」|「technique」「art」「skill」「craft」の違いと使い方

  6. 「壊す」|「crush」「shatter」の違いと使い方

  7. 「anonymous」は「名前のない」

  8. 「壊す」|「crack」「fracture」「splinter」の違いと使い方

  9. 「perfect」|per(完全に)+ fect (なす、作る)⇒「完全に作られた」