「distinguish」は「突きさして分離・分割する」⇒「見分ける、区別する、特色づける」

「distinguish」は「突きさして分離・分割する」⇒「見分ける、区別する、特色づける」

distinguish はラテン語 distinguere 「刺し点で印をつけ分類する」から英語に入った

dis「分離」+ stingu「突きさす」+ ish「(動詞語尾)」→「突きさして分離・分割する」⇒「見分ける、区別する、特色づける」

distinguish「見分ける、区別する、特色づける」

名詞は distinction「区別、差別、特徴」

形容詞は distinctive「明確に区別できる、特有の、特徴的な」

 

Dogs can distinguish a greater range of sounds than humans.

「犬は人間よりも広い範囲の音を聞き分けることができる」

 

The two terms are used without any distinction in meaning.

「その2つの用語ははっきりした意味の違いなく用いられる」

 

「extinct」は「刺して外に出す」⇒「消えた、絶滅した、すたれた、断絶した」

ex「外へ」+ tinct「刺す」→「刺して外に出す」⇒「消えた、絶滅した、すたれた、断絶した」

extinct「消えた、絶滅した、すたれた、断絶した」

 

Some scientists guess that about forty species of plants or animals go extinct every year.

「毎年約40種類の動植物が絶滅していると科学者は推測している」

 

「instinct」は「中に強く勧める」→「衝動、本能」⇒「本能、衝動、才能、天性、天分」

in「中に」+ stinct「刺す」→「中に強く勧める」→「衝動、本能」⇒「本能、衝動、才能、天性、天分」

instinct「本能、衝動、才能、天性、天分」

形容詞は instinctive「本能の、本能的な、天性の」

 

He can do the work without looking at everything he does, thanks to an instinct acquired over many years.

「彼は長年の勘でいちいち目で見なくても仕事ができる」

 

「sting」は「とがった武器で突き通す」⇒「刺す、傷つける、苦しませる、(人から金額を)だまし取る」

sting はラテン語 stingan 「とがった武器で突き通す」から英語に入った。

sting「刺す、傷つける、苦しませる、(人から金額を)だまし取る」

 

He was stung by a bee at the picnic in the forest park.

「彼は森林公園でピクニック中にハチに刺された」

 

映画「Sting」は「(人から金額を)だまし取る」の意味をそのままタイトルにしたものですね。

ロバート・レッドフォード、ポール・ニューマン、ロバート・ショーなどそうそうたる名優が出ている。スコット・ジョプリンのラグ・タイムのピアノ曲「エンターテイナー」も素晴らしい。英語の勉強にもなるので是非一度見てほしい。

関連記事

  1. 小鹿に「人間のにおいがつく」は英語でいうと?

  2. 「警告する」|「warn」「forewarn」「caution」の違いと使い方

  3. 「しるし」|「sign」「mark」「token」の違いと使い方

  4. 「congress」は「共に歩く・来る」→「共に来ること・所」→「会議、大会、学会、国会」

  5. 「予期する・期待する」|「expect」「anticipate」「hope for」「look forward to」の違いと使い方

  6. 「切る」|「cut」「chop」「slice」の違いと使い方

  7. 「preside」は「前に座る、統括する」→「議長を務める、最高の位置を占める」

  8. 「能力」|「ability」「capability」「capacity」「skill」「talent」「gift」「genius」の使い分け

  9. 「rely」は「強く縛る」→「頼る、当てにする、信頼する」