「認める」|「allow」「let」「permit」の違いと使い方

「認める」|「allow」「let」「permit」の違いと使い方

「認める」の意味を表す英語はいくつかの語を使いわける。

 

「認める」|「allow」は容認

allow は書き言葉で使われることが多く、「~してもいいことにする」という容認の意味を表す語。

 

タバコを吸えないところが増えている。

Smoking is not allowed in this building. (このビル内ではタバコを吸うことはできません。)

 

ペット禁止。

In our apartment building, we aren’t allowed to keep a dog. (このマンションでは犬を飼えない。)

 

ところによりこんな決まりもある。

You are not allowed to stay out overnight without permission. (無断外泊はいけない。)

※ stay out overnight「外泊する」  without permission「無断で」

 

働きかたについて。

Under an agreement between management and the union, overtime was allowed last month. (労使間の協定により先月は残業が認められた。)

※ agreement「協定」  management and the union「労使」

 

「認める」|「let」はしたいようにさせる

let は「したいようにさせてやる」という意味を表す語。話し言葉で最も普通に使われる語。

「let + ~ + 原形不定詞」の形で用いる。原形不定詞=toがつかない。また let は受動態は避けられる。

 

「~させて」というとき。

Please let me think about the matter for a little while. (その件についてもう少し考えさせてください。)

 

結婚式は本人の好きに。

The parents let their son have his own way as to his wedding ceremony. (その親御さんは結婚式について息子の好きにさせた。)

※ wedding ceremony「結婚式」

 

「認める」|「permit」は公式に認める

permit は3つのうちでもっともかたい語で、書面、規則、決定などにより「公式に認める」ことを表す語。

 

多くの試験は、

You are not permitted to bring dictionaries into the examination room. (試験会場への辞書持ち込みは認められません。)

 

街中では、

Parking is not permitted here. (ここは駐車禁止です。)

※ 「駐車禁止」の掲示は No parking。

 

大きなターミナル駅で。

This platform is for those exiting the train only.  No boarding permitted.  (このホームは降車専用です。ご乗車はできません。)

 

まとめ|「認める」allow, let, permit

allow は「容認」

let は「したいようにさせる」

permit は「公式に認める」

関連記事

  1. 「運ぶ」|「carry」「convey」「transport」「bear」の違いと使い方

  2. 「荷物」|「burden」「load」の違いと使い方

  3. 「出来事」|「event」「incident」の違いと使い方

  4. 「自由」|「freedom」「liberty」の違いと使い方

  5. 「import」は「中に運ぶ」→「運び入れる」⇒「輸入する、持ち込む、導入する」

  6. 「過ごす」|「spend」「pass」の違いと使い方

  7. 「移動する」|「shift」「transfer」の違いと使い方

  8. 「説明する」|「explain」「account for」「describe」「illustrate」「tell」の違いと使い方

  9. 「subordinate」は「下へ位置するように命令する→「下位の、従属した」となる