「技術」|「technique」「art」「skill」「craft」の違いと使い方

「技術」|「technique」「art」「skill」「craft」の違いと使い方

専門的な「技術」もあり、「こつ」もあり、手を使う「技術」もある。英語の言い方を覚えておきましょう。

「技術」|「technique」は専門的な技術

technique は広く一般に用いられる方法としての専門的な技術について使われる語。

冬のイチゴ。  Various kinds of vegetables and fruits such as strawberries and lettuces are now available thanks to improvements in cultivation techniques.      (現在は栽培技術の進歩でレタスやイチゴのように、多くの野菜や果物が一年中食べられます)

そろそろ現実のものに。  New ATMs use biometric techniques.     (新ATMでは生体認証技術が使われています)  ※ biometric「生体認証」

武道の基本。  The martial arts make much of the harmony of spirit, technique and physical strength.     (武道は心技体の三位一体を重んじています)  ※ make much of「~を重んじる」  harmony「調和」  spirit「心」  technique「技」  physical strength「体」

「技術」|「art」はこつという感じの技術

art は「コツ」という感じで、何かを作ったり、したりする技術を表すときに使われる語。

新人は。  It is crucial to master the art of customer service.      (接客の心得を身につけることが極めて重要です)

老練。  He learned the art of self-protection when he was a secretary of a politician.     (彼はある政治家の秘書時代に保身術を身につけました)  ※ the art of self-protection「保身術」  secretary「秘書」

人間国宝。  That comic storyteller is highly skilled in the art of storytelling.      (あの噺家さんの話芸は見事なものです)  the art of storytelling「話芸」

「技術」|「skill」は巧みにする特殊な能力

skill はあることを巧みにする特殊な能力を表すときに使われる語。

skill は特に学習や練習により身に付けたものをいうときに使われる語。

手品教室で。  Recently, his skill in magic tricks has improved significantly.      (最近彼の手品の腕が大いに上がりました)  ※ significantly「かなり、相当に」

料理好きなお父さん。  Her father’s cooking skills are first-class.     (彼女のお父さんは料理では一級の腕前です)

正念場です。  This is where he should show his skill.      (ここが彼の腕の見せ所です)

「技術」|「craft」は手を使う技術

craft は機械や陶芸などのような手を使う技術についていうときに使われる語。

技術を学ぶ。  He learned the craft of a wood carver in his twenties.      (彼は20代で木彫りの技術を学びました)

故郷で。  He makes traditional crafts in his home town.      (彼は生まれた町で伝統工芸品を作っています)

職人気質。  He takes great pride in being a craft artist.      (彼には職人としての誇りがあります)

年季が必要。  It takes years and years of experience in order to master a craft.      (職人の仕事は年季を入れなければ一人前にはなれません。

まとめ|「技術」「technique」「art」「skill」「craft」

technique は専門的な技術

art はこつという感じの技術

skill は巧みにする特殊な能力

craft は手を使う技術

関連記事

  1. 「rely」は「強く縛る」→「頼る、当てにする、信頼する」

  2. 「initiate」は「中に入って行く」ので「始める、入会させる」

  3. 「給料」|「pay」「salary」「wage」の違いと使い方

  4. 「調査」survey は「上から見る」

  5. 「速い」|「fast」「rapid」「quick」の違いと使い方

  6. 「small」は「小さい」だけではない|「取るに足りない」「狭量の」などもある

  7. 「不可欠の」|「essential」「vital」「necessary」の違いと使い方

  8. 「賞」|「prize」「award」の違いと使い方

  9. 「光る」|「shine」「glow」「gleam」の違いと使い方