「低い」|「low」「short」「flat」「humble」の違いと使い方

「低い」|「low」「short」「flat」「humble」の違いと使い方

日本語の「低い」は意味する範囲が広い。英語でいうときの語を覚えておきましょう。

 

「低い」|「low」は高さや程度などが低い

low は高さ、程度、音、声、率などが低いことを表すときに使われる語。

 

背の高い客人を招いたとき、

Watch your head. The ceiling is low. (天井が低いので頭をぶつけないよう、気をつけて下さい)

※ ceiling「天井」

 

貿易問題。

The US will put pressure on Japan to lower tariffs on imports. (アメリカは日本に輸入品の関税を引き下げるよう、圧力をかけてくるでしょう)

※ put pressure on …「~に圧力をかける」  lower「低くする」  tariff「関税」  import「輸入」

 

机の高さ。

This desk is too low, but that one will do. (この机は低すぎてだめです。あちらのものは良さそうだ。)

 

お宝の話。

I got this drawing at an amazingly low price. (この絵は破格の値段で手にいれました)

 

「低い」|「short」は背が低い

short は人や樹木の背が低いことを表すときに使われる語。

 

身長は必ずしも遺伝しない。

Not every person whose parents are short will end up short. (両親の背が低いからといってその子供が必ずしも背が低いとは限りません)

※ end up「最後に~となる」

 

木を短くする。

The woodcutter topped the tree to make it shorter. (その木こりはこずえを払って木の丈を詰めました)

※ top「先端を切る」

 

ピアノレッスン。

My fingers are too short to span an octave on the piano. (指が短くてピアノのオクターブが弾けません)

 

「低い」|「flat」は鼻や靴が低い

flat は鼻や靴のかかとが低いことを表すときに使われる語。

 

気にする人もいる。

She’s very sensitive about her flat nose. (彼女は鼻が低いことを気にしているんです)

※ flat nose「低い鼻」(注意! low nose とは言いません)

 

履きつぶし。

He has worn the heels of his sandals flat. (彼はサンダルを履きつぶし、ぺったんこになってしまった)

 

flat は他に、音楽用語として「(音が)半音下がった」、歌声や楽器の音が「正しい音よりやや低い」の意味を表すこともある。「音が少しフラット気味」のように使う。

 

「低い」|「humble」は地位や身分が低い

humble は地位や身分が低いことを表すときに使われる語。

 

世界的なお宝。

This diamond is far beyond the reach of a humble salaried worker. (このダイヤは一介のサラリーマンが手に入れられる代物ではありません)

 

今は昔。

Because we were young and poor, we had a humble wedding with only close friends present. (若く、貧しかったので、私たちは親しい友人たちだけを招き質素な結婚式を挙げた)

※ present「出席して」

 

まとめ|「低い」「low」「short」「flat」「humble」

low は高さや程度が低い

short は背が低い

flat は鼻や靴のかかとが低い

humble は地位や身分が低い

関連記事

  1. 車、「乗る、運転する」「get in と drive」|自分で運転するときはどちら?

  2. 「standard」は「旗」?

  3. 「変形する」|「transform」「transmute」「convert」「transfigure」の違いと使い方

  4. 「命ずる」|「order」「command」「direct」「tell」の違いと使い方

  5. 「exceed」は「外へ行く」→「超える、越える、まさる」の意味になる

  6. 「別れる」|「split up」「leave」の違いと使い方

  7. 「期間」|「period」「epoch」「era」「age」の違いと使い方

  8. 「small」は「小さい」だけではない|「取るに足りない」「狭量の」などもある

  9. 「substance」は「下に立っているもの」→「万物の下にしっかり存在しているもの」⇒「物質、実質、内容、要旨、骨子」