「program」は「前もって書くこと」→「予定、計画」などの意味になる

「program」は「前もって書くこと」→「予定、計画」などの意味になる

pro「前もって」+ gram「書くこと」⇒「前もって書いたもの」なので「予定、計画」、動詞では「(コンピュータの)プログラムを書く」という意味になる。

program 名詞「予定、計画、番組」

program   動詞「プログラムを書く」

 

What is the next program?

「次の番組は何ですか」

 

This air conditioner is programmed to shut down after a certain time.

「このエアコンは一定の時間がたつと停止するようになっている」

 

「autograph」は「自分のことが書かれたもの」→「自筆、サイン」

auto「自分の、自身の」+ graph「書く、書かれたもの」⇒「自筆、肉筆、(有名人の)サイン」

 

May I have your autograph?

「(有名人などへ)サインしていただけますか?」

注意! この場合 sign は使えない。また signature は書類などへの署名なので、これも使えない。

 

「geography」は「土地を記述したもの」→「地理学、地理」

geo「土地」+ graphy「記述したもの」⇒「土地を記述したもの」なので「地理学、地理」の意味になる。

形容詞は geographic「地理学の」

 

The professor said, “Students today seem to know very little about geography.”

「その教授は、「最近の学生は地理をほとんど知らないようだ」と言った」

 

「photograph」は「光の記録、光で書いたもの」→「写真」となる。

photo「光」+ graph「書く、記録」⇒「光で書いたもの」なので「写真」となる。

photographer は名詞「写真家」

photogenic  は形容詞「写真写りのよい」

 

The photographer spread the tripod legs apart and started getting ready to take a photograph in front of the building.

「カメラマンはその建物の前で三脚の足を広げ、撮影の準備に取りかかった」

 

「telegram」は「遠くへ書いたもの」なので「電報、電信」

tele「遠くへ」+ gram「書く」⇒「遠くへ書いたもの」なので「電報、電信」、動詞では「電報を打つ」の意味。

 

I sent a telegram of congratulations to my friend, who got married yesterday.

「昨日結婚した友人に祝電を送った」

関連記事

  1. 「期間」|「period」「epoch」「era」「age」の違いと使い方

  2. 「result」は「後ろにはねる」→「跳ね返ってくるもの」⇒「結果、結末、効果」

  3. 「結合する」|「connect」「link」「combine」の違いと使い方

  4. 正しい英語ワンポイントレッスン|「car」自動車と列車車両

  5. 「最後の」|「terminal」「concluding」「ultimate」の違いと使い方

  6. 「consider」は「一緒に星を」→「多くの星を一緒によく見る」→「念入りにみる、調べる」⇒「よく考える、熟慮する、~とみなす」

  7. 「turn」は「回る」「向きを変える」だけではない|虫が「刃向う」もあり

  8. 「答え」「答える」|「answer」「response」「reply」の違いと使い方

  9. 「immediate」は「仲介物を置かない」⇒「即座の、即時の、直接の、すぐ前の」