「disarm」は「武器を奪う」ので「武装解除する」

「disarm」は「武器を奪う」ので「武装解除する」

dis「奪う」+ arm「武器」⇒「武器を奪う」ので「武装解除する、軍備を縮小する」

名詞は disarmament「武装解除、軍備縮小」

 

After the guerrillas in the area had been totally disarmed, they were arrested.

「その地域のゲリラたちは完全に武装解除されてから逮捕された」

 

The Secretary General of the United Nations called for worldwide disarmament.

「国連事務総長は世界的な軍縮を提唱した」

 

「alarm」はイタリア語 all’ arme「武器のところへ」つまり「武器を取れ」という命令からできた名詞

al「~の方へ」+ arm「武器」⇒「武器を取れ」

alarm「恐怖、不安、警報、目覚まし時計」

動詞の alarm は「~を心配させる、警報装置を取り付ける」

 

He set the alarm for 6 o’clock.

「彼は目覚ましを6時に鳴るようにセットした」

 

「armament」は「武器を持った状態」

ラテン語 armamentum から英語に入り armament になった。

arm「武器」+ ment「状態」⇒「武器を持った状態」

armament「装備、兵器、軍備、軍事力」

 

The armament race is a race that never ends.

「軍備競争はきりのない競争だ」

 

「armistice」は「武器を停止すること」→「休戦」

arm「武器」+ stice「停止すること」⇒「武器を停止すること」すなわち「戦争をやめること」

armistice「休戦、停戦、休戦協定」

 

The two nations declared an armistice.

「その2国は休戦を宣言した」

declare「宣言する」

 

「unarmed」は「武装していない」

un「~でない」+ arm「武器」+ ed「~された」⇒「武装していない」

unarmed「非武装の、無防備の」

 

Don’t attack our enemy unarmed.

「丸腰で敵に挑んではいけない」

 

トップへ戻る

関連記事

  1. 「高い」|「high」「tall」の違いと使い方

  2. 「trivial」は「どこにもある、ごく普通の」→「ささいな、ありふれた、(中世の大学の)三学科の」

  3. 「heavy」「重いと激しい」使い分けと違い

  4. 「におい」|「smell」「scent」「odor」「aroma」の違いと使い方

  5. 「自由」|「freedom」「liberty」の違いと使い方

  6. 「服」|「clothes」「clothing」「dress」「wear」の使い分け

  7. 「import」は「中に運ぶ」→「運び入れる」⇒「輸入する、持ち込む、導入する」

  8. 「uncertain」は「ふるい分けられない」→「確信がない、自信がない、はっきりしない、疑わしい」

  9. 「気持ち」|「emotion」「feeling」「passion」「sentiment」の違いと使い方