「出来事」|「event」「incident」の違いと使い方

「出来事」|「event」「incident」の違いと使い方

「出来事」には重要なものもあり、付随するものもある。英語の言い方を覚えておきましょう。

「出来事」|「event」は比較的重要な出来事

event は比較的重要な出来事を表すときに使われる語。

ビッグイベント。

A big event featuring eco-friendly items was being held at the Tokyo International Forum.   (東京国際フォーラムでエコ関連用品に関するビッグイベントが開催されていました)  ※ featuring …「~関連の」

世界情勢。

Grievous events happen every day all over the world.  (世界のあちらこちらで憂えるべき出来事が毎日のように起きています)  ※ grievous「嘆かわしい」

運命を決めた事件。

That was a momentous event that was a dominant influence on our fate.   (それは我々の運命を左右する大事件だったのです)  ※ momentous「きわめて重要な」 dominant「主要な」 influence「影響」 fate「運命」

「出来事」|「incident」は event に付随する出来事

incident は event に付随する比較的些細な出来事を表すときに使われる語。

incident は控えめな表現として戦争や暴動などに発展しうる事件を表すときにも使われる。

某国で、

The incident ended up exposing the corruption within the police force.    (その事件は図らずも警察内部の腐敗を明らかにしました)  ※ end up …「結局~になる」 expose「明らかにする」 corruption「腐敗」

隠蔽工作の言葉。

Do not inform anyone who was not involved in this incident.   (この件は関係者以外には知らせるな)  ※ inform「知らせる」 be involved in …「~に関係している」

まとめ|「出来事」「event」「incident」

event は比較的重要な出来事

incident は event に付随する出来事

関連記事

  1. 「安い」|「cheap」「low」「small」「inexpensive」の違いと使い方

  2. 「頭」|「head と hair と brain」|使い分けと違い

  3. 「evacuate」は「外へ取り出しからにする」→「避難させる、撤退する」

  4. 「reinforce」は「再び力を入れる」⇒「補強する、強化する」

  5. 「trivial」は「どこにもある、ごく普通の」→「ささいな、ありふれた、(中世の大学の)三学科の」

  6. 「かたい」|「solid」「stiff」「rigid」の違いと使い方

  7. 「こども」|「child」「kid」「baby」「youth」「toddler」「teenager」の違いと使い方

  8. 「しるし」|「symptom」「indication」の違いと使い方

  9. 「巨大な」|「vast」「huge」「enormous」の違いと使い方