「ペンキとペイント」|どちらも paint

「ペンキとペイント」|どちらも paint

カタカナの「ペンキ」はオランダ語の「pek」が訛って日本語に入り「ペンキ」となった。

カタカナの「ペイント」は英語の「paint」。

 

paint は「絵具、ペンキ」「(絵具、ペンキで)描く」

「線」で描くときは draw を使う。

 

「ペンキ塗りたて」は WET PAINT という。

「赤いペンキの1缶」は a can of red paint のように paint を使う。

 

「この壁はペンキを塗らなけらばならない」

This wall needs painting.

のようにいう。

 

英語の勉強で大事なことは、言葉の意味とその並べ方。単語と熟語(2つ以上の単語の組み合わせで1つの意味を表すもの)の意味を覚え、正しい順序で並べて文を作ると、通じる英語になる。

「単語、熟語を覚える → 正しい並べ方を覚える → 通じる英語」— この順番が大事。

単語、熟語は必ず文の中で覚える。それが使える英語への最短ルート。

このレッスンでは、よくある間違いをしないためのワンポイントレッスンを紹介します。

関連記事

  1. 「食べる」|「eat」「have」「take」の違いと使い分け

  2. 「multiple」は「多くの重なり」

  3. 小鹿に「人間のにおいがつく」は英語でいうと?

  4. 「飲む」|「drink」「sip」「imbibe」の違いと使い方

  5. 「admonish」は「~に警戒する」⇒「忠告する、警告する、しかる、訓戒する」

  6. 「だめにする」|「ruin」「spoil」の違いと使い方

  7. 相対性理論の「アインシュタイン」のお名前は「一石」さん

  8. 「adjust」は「~の近くに置く」→「~にぴたりと合わせる」

  9. 「substance」は「下に立っているもの」→「万物の下にしっかり存在しているもの」⇒「物質、実質、内容、要旨、骨子」