「administer」は「~に仕える」

「administer」は「~に仕える」の意味から「運営する、司る、(薬などを)投与する」

administer は ad「~の方向へ」+ minister「仕える」と分解する。minister「大臣」は元々「より小さい[低い](minus)者、召使い」の意味。

「~に仕える」の意味から「運営する、司る、(薬などを)投与する」さらに「執行する、施工する」などの意味もある。

名詞は administration 「政権、政府、行政、管理」など

形容詞は administrative「管理の、経営の、行政の」

 

The injured man was administered emergency treatment inside the ambulance.

「その怪我をした男は救急車のなかで応急処置をしてもらった」

 

Many people were sick and tired of the administration.

「多くの人がその政権にはうんざりだった」

 

「diminish」は「さらに小さくする」

di「さらに」+ min「小さい」+ ish「(動詞語尾)」⇒ 「さらに小さくする」ので「減らす、少なくする、軽視する」

 

The father’s diminished presence in the household has become a major social issue.

「家庭における父親の存在感の薄さが問題視されている」

 

「minister」は元々は「仕える低い者、召使い」だった

minister は「大臣、牧師」などの意味。

「神の召使い」から「牧師」の意味が生じ、ラテン語 minister principis「王の第一の重臣」の短縮形から「大臣」の意味が生じた。

 

The prime minister is to visit Australia next month.

「首相は来月オーストラリアを訪問の予定になっている」

is to … は予定を表す。

 

「minor」は「より小さい」

min「小さい」+ or「より~(比較を表す形容詞を作る)」⇒ 「より小さい」となる。

形容詞は「さほど大きくない、小さいほうの」

名詞は「未成年者、短調」

minority は「少数、少数派」

 

My aunt died as a result of a minor injury.

「私の叔母はふとした怪我がもとで亡くなった」

 

「minute」は「細かく刻まれた部分」が元々の意味

名詞「分、非常に短い間」

形容詞は「微小な、詳細な」など

発音も注意!

名詞は「ニット」のように「ミ」をつよく発音する。

形容詞は「マイニュート」のように「ニュー」を強く発音する。

 

The difference between the two opinions is minute.

「その二つの意見の差は微々たるものだ」

関連記事

  1. 「しるし」|「symptom」「indication」の違いと使い方

  2. 「duplicate」は「2つ重ねる」ので「複製の、二重の」となる

  3. 「indigenous」は「(種族の中で)生まれた」→「ある土地(国)に生まれ育った」

  4. 「しるし」|「sign」「mark」「token」の違いと使い方

  5. 「最後の」|「last」「final」「latest」の違いと使い方

  6. 「こども」|「child」「kid」「baby」「youth」「toddler」「teenager」の違いと使い方

  7. 「resemble」は「元に似せる」→「~に似ている」

  8. 「depart」|「離れて」さらに「別れ」て「出発する」になる

  9. 「おもしろい」|「interesting」「funny」「amusing」「comical」の違いと使い方