「性格」|「character」「personality」の違いと使い方

「性格」|「character」「personality」の違いと使い方

「性格」を英語でいうとき character と personality を使い分ける。

「character」はギリシア語の charakter「刻みつけられた印」から英語に入った。「印刻」から「記号」となりさらに「性格」の意味になった。

「personality」はラテン語の personalis 「個人の」から英語に入った。personality の -ity は「性質、状態、程度」などを表す語尾。personality は「個人の性質や状態」から「個性、性格、人格」という意味になった。

 

「性格」|「character」は道徳的な性格

「character」はその人の持つ特徴や人格、品位など道徳的な性格を表す語語。

一緒に使われる語には bad, good, great, noble などの形容詞がある。

 

人柄が大事

The young woman is fascinated by his mild character.

「その若い女性は彼の温厚な人柄にとてもひかれている」

 

上に立つ人は、

It is desirable that the leader be a person of noble character.

「上に立つ人は高潔な人格であることが望ましい」

※ noble「高貴な、高潔な」

 

個性派俳優。

The actor has a strong character.

「その俳優は個性が強い」

 

こんな人の扱いに注意。

He’s an ugly character to deal with.

「彼は手ごわい人物です」(「煮ても焼いても食えぬ代物」などと訳せる)

※ deal with …「~を扱う」

 

「性格」|「personality」は人柄、性質

「personality」は他人への振る舞い方や印象を表す人柄、性質を表す語。

一緒に使われる語には pleasant, warm, lively, violent, quiet などの形容詞がある。

 

人気者は、

The woodcutter had an open-minded personality and was loved by everyone in the village.

「そのきこりは開けっ広げな性格で村の皆に好かれていました」

 

言葉遣いに気をつけましょう。

Your personality shows itself in your choice of words.

「言葉遣いには、人柄が出る」

 

社会的成功には性格も大事という例。

That personality of his is hindering him from promotion in the organization.

「彼のあの性格が組織の中で出世の妨げになっている」

※ hinder ~ from …「~が…するのを妨げる」

 

今回のワンポイントアドバイス

今回の「性格」を表す「character」と「personality」をまとめると次のようになる。

「性格」|「character」は道徳的な性格

「性格」|「personality」は人柄、性質を表す

関連記事

  1. 正しい英語ワンポイントレッスン「花、果樹と観賞用」使い分けを覚えよう

  2. 「要求する」|「demand」「ask」「request」「require」「insist」の違いと使い方

  3. 「free と no charge」「自由と無料」使い分けと違い

  4. 「トラック」|「track と truck」使い分けと違い

  5. 「気持ち」|「emotion」「feeling」「passion」「sentiment」の違いと使い方

  6. 「ライラックとリラ」「lilac と lilas」使い分けと違い

  7. 「青と緑」「blue と green」使い分けと違い

  8. 「アルバイト」は英語?

  9. 「借りる」|「borrow」「rent」「hire」「use」の違いと使い方