「expatriate」は「祖国の外へ出す」⇒「国外に追放する」

「expatriate」は「祖国の外へ出す」⇒「国外に追放する」

ex「外へ」+ patri「父、祖国」+ ate「(動詞語尾)」→「祖国の外へ出す」⇒「国外追放にする」

expatriate  動詞「国外追放にする」

expatriate  名詞「追放された人、国籍を捨てた人」

expatriate  形容詞「追放された、国外在住の」

 

The criminal was expatriated from the country.

「その犯罪者は国外追放になった」

 

The company has an expatriate office in the country.

「会社はその国に海外駐在員事務所を持っている」

 

「compatriot」は「共に祖国を愛する人」⇒「同胞、同国人、同僚、友人」

com「共に」+ patri「父、祖国」+ ot「~な人」→「共に祖国を愛する人」⇒「同胞、同国人、同僚、友人」

compatriot「同胞、同国人、同僚、友人」

 

A word for our fifty million compatriots!

「5千万の同胞に次ぐ!」

 

「paternal」は「父の」⇒「父の、父らしい、父方の」

pater「父」+ al「~の」→「父の」⇒「父の、父らしい、父方の」

paternal「父の、父らしい、父方の」

名詞は paternity「父であること、父性、父権」

 

He admitted paternity of the child.

「彼はその子の父であることを認めた」

 

「patriotic」は「愛国者的な」⇒「愛国的な、愛国心の強い」

patri「父、祖国」+ ot「人」+ ic「~的な」→「愛国者的な」⇒「愛国的な、愛国心の強い」

patriotic「愛国的な、愛国心の強い」

名詞は patriot「愛国者」

 

The member of the Diet is a patriotic person.

「その国会議員は愛国者だ」

 

「patronize」は「父になる、父のように行動する」⇒「ひいきにする、後援・保護する」

patron「父」+ ize「~にする、~のように行動する」⇒「ひいきにする、後援・保護する」

patronize「ひいきにする、後援・保護する」

 

The city library is always well patronized.

「市立図書館はいつもよく利用されている」

関連記事

  1. 「陰と影」「shade と shadow」使い分けと違い

  2. 「かたい」|「solid」「stiff」「rigid」の違いと使い方

  3. 「高い」|「high」「tall」の違いと使い方

  4. 「乗る」「get on と get in」使い分けと違い

  5. 「生きている」|「alive」「living」の違いと使い方

  6. 「achieve」は「頂点に達する」→「(地位・成功などを)獲得する、達成する」

  7. 「見下す」|「despise」「look down on」「scorn」の違いと使い方

  8. 「禁止する」|「ban」「forbid」「prohibit」の違いと使い方

  9. 「仕事」|「work」「labor」「business」の違いと使い方