「おもしろい」|「interesting」「funny」「amusing」「comical」の違いと使い方

「おもしろい」|「interesting」「funny」「amusing」「comical」の違いと使い方

「おもしろい」には「知的な」おもしろさや「ジョーク」のおもしろさ、さらには「意外な」おもしろさもある。英語の言い方を覚えておきましょう。

 

「おもしろい」|「interesting」は興味・関心のおもしろさ

interesting は興味や関心を引き起こすようなおもしろさをを表すときに使われる語。

 

授業のおもしろさ。

Our new mathematics teacher’s classes are interesting. (新しい数学の先生の授業はおもしろいです)

 

後半が楽しみ。

The beginning was trite, but the novel got more interesting as I read on.  (書き出しはありふれていましたが、その小説はだんだんおもしろくなっていきました)

※ trite「ありふれた」

 

宇宙の謎。

There was an interesting article about a black hole in today’s paper. (今日の新聞にはブラックホールに関するおもしろい記事が載っていました)

 

「おもしろい」|「funny」は人を笑わせるおもしろさ

funny は人を笑わせるようなおもしろさを表すときに使われる語。

 

真打の落語家。

The professional comic storyteller arouses laughter by making funny faces. (その落語家はおかしな顔つきをして人を笑わせます)

※ (professional) comic storyteller「落語家」

 

おやじギャグ。

His jokes are just not funny at all. (彼の冗談はおもしろくも何ともありません)

 

ギャグの名人。

The comedian’s gags are extraordinary funny. (あの芸人のギャグは度外れておもしろいです)

※ extraordinary「度外れて」

 

「おもしろい」|「amusing」は人を楽しませるおもしろさ

amusing は人を楽しませるおもしろさを表す

 

サル軍団。

It was very amusing to watch the monkeys perform. (サルが演技をしているのがとても可笑しかった)

 

失敗も楽しんでしまう。

The scientist told an amusing story of how he had failed. (その科学者は自分の失敗談をおもしろおかしく話ました)

 

スピーチの始めは、

He began his speech with an amusing anecdote. (彼はおもしろいエピソードでスピーチを始めました)

※ anecdote「エピソード」

 

「おもしろい」|「comical」は滑稽なおもしろさ

comical は異常さや意外さによる滑稽なおもしろさを表すときに使われる語。

 

英語の落語。

Today, I listened for the first time to rakugo, or comical stories, told in English. (今日、初めて英語の落語をききました)

 

何事も程度問題。

His overly serious expression is rather comical. (彼の真面目くさった顔つきがむしろ滑稽です)

※ expression「表情」

 

映画スター。

Chaplin’s comical performance won plaudits. (チャップリンのコミカルな演技が好評でした)

※ win plaudits(plaudit は通例複数形)「かっさいを受ける」

 

まとめ|「おもしろい」「interesting」「funny」「amusing」「comical」

interesting は興味・関心のおもしろさ

funny は人を笑わせるおもしろさ

amusing は人を楽しませるおもしろさ

comical は滑稽なおもしろさ

関連記事

  1. 「immediate」は「仲介物を置かない」⇒「即座の、即時の、直接の、すぐ前の」

  2. 「断る」|「refuse」「reject」「decline」「turn down」の違いと使い方

  3. 「だめにする」|「ruin」「spoil」の違いと使い方

  4. 「認める」|「allow」「let」「permit」の違いと使い方

  5. 「offend」は「~に向かって打つ・殴る・傷つける」→「感情を害する、不快感を与える」

  6. 「出来事」|「event」「incident」の違いと使い方

  7. 「distinguish」は「突きさして分離・分割する」⇒「見分ける、区別する、特色づける」

  8. 「賞」|「prize」「award」の違いと使い方

  9. 「光る」|「sparkle」「glitter」の違いと使い方