「個人の」|「own」「personal」「private」「individual」の違いと使い方

「個人の」|「own」「personal」「private」「individual」の違いと使い方

「個人の」と言っても「特定」の個人だったり、公的でない「私的」な個人もあり、「個々の自由」のような抽象的なものもある。英語の言い方を覚えておきましょう。

 

「個人の」|「own」は特定の人に所属

own は人、物、事などが特定の人に所属したり、関係したりすることを表すときに使われる最も一般的な語。

own は通例所有格の後に置かれ、ある特定の人物への所属を強調するときに使われる。

 

自分の失敗。

He felt disgusted at his own stupidity.  (彼は自分のばかさかげんにほとほとあきれていた)

 

自分流。

The baseball player have had his own way in everything. (その野球選手は何事にも自分流にこだわってきた)

 

おもてなし。

The lawmaker was invited on that trip so he didn’t have to pay anything out of his own pocket.  (今回は招待旅行だったので、その国会議員は自分の懐から何も支払う必要はなかった)

 

「個人の」|「personal」は他人と共有しない

personal は「他人と区別した一個人の」という意味を表し、他人と共有しない物に対して使われる語。

personal は公的なものに対して私的な立場を意識する際に用いられやすい語。

 

一人一台。

There is a personal computer on the desk. (机の上にパソコンがあります)

 

バックが大事。

You cannot touch this construction project; it has the personal backing of an influential politician.  (大物政治家が個人的に支援しているので、この建設事業に手は出せない)

※ touch「手を出す」  personal backing「個人的な支援」  influential politician「大物政治家」

「個人的に支援している」→しばしば「息がかかっている」と日本語では表現される

 

小説家は、

The idea of the story grew out of her personal experience. (その物語の着想は彼女の個人的な体験から生まれた)

 

「個人の」|「private」は私的な所有物

private は人、物、事など個人や団体の排他的利用が可能な私的な所有物に対して使われる語。

private は personal と同じく、公的なものに対して私的な立場を意識する際に用いられやすい語。

private は「非公開の、非公式の、会員制の」の意味で使われることもある。

 

子育てにやさしい、

This hotel has wonderful facilities complete with a private day-care center. (このホテルには自前の保育所まであり、至れり尽くせりです)

 

秘蔵のお宝。

Paintings in a private collection are rarely exhibited for the general public. (個人で所蔵される絵画が一般の観覧に供されることは少ないです)

 

音楽家を目指す人は、

The girl is taking private piano lessons. (その女の子はピアノの個人レッスンを受けています)

 

「個人の」|「individual」は個々の人が持つ抽象的な事物

individual は「個々人の」の意味を表す語で、個々の人が持つ権利、自由、要求など抽象的な事物について用いられることが多い語。

 

個人の意思。

Whether they join the union or not is left up to the individual’s discretion. (労働組合への加入、非加入は個人の自由意思に任されています)

※ discretion「判断の自由」

 

個性が大事。

Rigidly uniform education cannot develop the children’s individual abilities. (画一的教育では個々の子どもの能力を伸ばすことはできません)

※ rigidly uniform education「画一的教育」

 

人それぞれ。

Learning abilities vary from individual to individual. (学習能力は個人個人で異なります)

※ vary「異なる、様々である」

 

まとめ|「個人の」「own」「personal」「private」「individual」

own は特定の人に所属

personal は他人と共有しない

private は私的な所有物

individual は個々の人が持つ抽象的な事物

 

関連記事

  1. 「太った」|「fat」「overweight」「plump」「stout」「obese」「chubby」の違いと使い方

  2. 「確かな」|「sure」「certain」の違いと使い方

  3. 「abort」は「流産する」⇒「飛行中止、運転中止、流産する、(計画など)中止する」

  4. 「submit」は「下へ置く・送る」⇒「服従させる、屈服させる、提出する、委ねる」

  5. 「打つ・たたく」|「knock」「slap」「bang」の違いと使い方

  6. 「forecast」は「前もって投げる」⇒「予想する、予測する、予報する」

  7. 「旅行」|「travel」「trip」「tour」の違いと使い方

  8. 「合っている」|「suit」「fit」「match」の違いと使い方

  9. 「据える」|「set」「fix」「establish」の違いと使い方