「intangible」は「触ることができない」⇒「触れることのできない、実体のない、無形の」

「intangible」は「触ることができない」⇒「触れることのできない、実体のない、無形の」

in「(否定)~でない」+ tang「触れる」+ ible「~できる」→「触れることができない」⇒「触れることのできない、実体のない、無形の」

intangible「触れることのできない、実体のない、無形の」

「ふれることができる」は tangible

tangible の語頭に in がついて intangible となる

 

The dance and song is designated as intangible cultural property.

「その踊りと歌は無形文化財に指定されている」

 

Some people say that generally scholars are not blessed with tangible wealth.

「学者は物質的に恵まれないものだ、という人もいる」

 

「contagious」は「共に触れ合っている」⇒「伝染する、伝染性の」

con「共に」+ tag「触れる」+ ious「(形容詞語尾)」→「共に触れ合っている」⇒「伝染する、伝染性の」

contagious「伝染する、伝染性の」

名詞は contagion「接触感染、伝染、影響、悪影響、感染病原体」

 

Yawning is contagious.

「あくびはうつりやすい」

 

「contaminate」は「~に触れる」⇒「汚す、汚染する、堕落させる、悪影響を及ぼす」

con「~に」+ tamin「触れる」+ ate「~にする」→「~に触れる」⇒「汚す、汚染する、堕落させる、悪影響を及ぼす」

contaminate「汚す、汚染する、堕落させる、悪影響を及ぼす」

名詞は contamination「汚染、悪影響」

 

The site was contaminated with dioxin, used as a defoliant in the war.

「その一帯は戦争中に枯葉剤として使用されたダイオキシンで汚染されていた」

 

「intact」は「触れられていない」⇒「損なわれないで、無傷の、完全な、健全な」

in「~でない」+ tact「触れる」→「触れられていない」⇒「損なわれないで、無傷の、完全な、健全な」

intact「損なわれないで、無傷の、完全な、健全な」

 

Despite the big fire, the building was intact.

「大火事にもかかわらず、その建物は無傷だった」

 

「tact」は「感触」⇒「機転、如才なさ、こつ、鋭い美的感覚」

tact はラテン語 tactus 「感触」から英語に入った

tact「機転、如才なさ、こつ、鋭い美的感覚」

形容詞 tactful「機転の利く」

名詞 tactics「戦術、策略、かけひき、作戦」

 

That’s where tact will be required.

「その辺の駆け引きは難しい」

関連記事

  1. 「要素・部分」|「element」「component」「constituent」「ingredient」の違いと使い方

  2. 「習慣」|「habit」「custom」「practice」の違いと使い方

  3. 「trivial」は「どこにもある、ごく普通の」→「ささいな、ありふれた、(中世の大学の)三学科の」

  4. 「料金、値段」|「price」「cost」「charge」「rate」「fees」「fare」「rent」の使い分け

  5. 「追う」|「follow」「chase」「pursue」「shadow」の違いと使い方

  6. 「指と親指」「finger と thumb」使い分けと違い

  7. 「supply」は「下から埋めていく」⇒「供給する、支給する」となる

  8. 「retreat」は「後ろへ引く」→「退却、減衰、隠居所、避難所」などの意味になる

  9. 「壊す」|「crack」「fracture」「splinter」の違いと使い方