「料理する」「cook」と「prepare」のちがいと使い分け

「料理する」「cook と prepare」使い分けと違い

英語を習い始め、料理に関する表現を覚えるとき最初に出てくるのは cook 「料理する」でしょう。

この単語は使うときちょっと注意!

prepare という単語は「準備する」「用意する」の意味でまず習う。でもこの単語は日本語の「料理する」の意味でも使われる。

 

日本語の「料理する」は過熱してもしなくても使う語、「cook と prepare」は?

cook は「(熱を加えて)~を料理する」。煮る、焼く、揚げるなど「火を使う」(今は電子レンジ、IH など電気もあり)料理のときに cook を使う。

prepare は「刺身やサラダ」などの過熱をしないときに使う語。また「食事の支度をする」の意味でも使う。

 

「ご飯を炊く」は cook rice。

「サラダを作る」は prepare[make] a salad。

関連記事

  1. 「~できない」|「unable」「incapable」「incompetent」の違いと使い方

  2. 「におい」|「perfume」「fragrance」の違いと使い方

  3. 「disarm」は「武器を奪う」ので「武装解除する」

  4. 「inspire」は「中に吹き込む」

  5. 「食べ物」|「food」「meal」「diet」「dish」の違いと使い方

  6. 「program」は「前もって書くこと」→「予定、計画」などの意味になる

  7. 「会社」|「company」「office」「firm」「corporation」の使い分け

  8. 「飲む」|「drink」「sip」「imbibe」の違いと使い方

  9. 「高い」|「high」「expensive」「costly」の違いと使い方