「料理する」「cook」と「prepare」のちがいと使い分け

「料理する」「cook と prepare」使い分けと違い

英語を習い始め、料理に関する表現を覚えるとき最初に出てくるのは cook 「料理する」でしょう。

この単語は使うときちょっと注意!

prepare という単語は「準備する」「用意する」の意味でまず習う。でもこの単語は日本語の「料理する」の意味でも使われる。

 

日本語の「料理する」は過熱してもしなくても使う語、「cook と prepare」は?

cook は「(熱を加えて)~を料理する」。煮る、焼く、揚げるなど「火を使う」(今は電子レンジ、IH など電気もあり)料理のときに cook を使う。

prepare は「刺身やサラダ」などの過熱をしないときに使う語。また「食事の支度をする」の意味でも使う。

 

「ご飯を炊く」は cook rice。

「サラダを作る」は prepare[make] a salad。

関連記事

  1. 「黒い」|「black と dark」どちら?

  2. 「小さい」「small と little」使い分けと違い|「小さいときから優等生」は?

  3. 「結果」|「result」「consequence」「outcome」「effect」の使い分け

  4. 「arm と arms」「腕と武器」使い分けと違い

  5. 「性格」|「character」「personality」の違いと使い方

  6. 「アルバイト」は英語?

  7. 「heavy」「重いと激しい」使い分けと違い

  8. 「笑う」|「laugh」「smile」「grin」「chuckle」「giggle」「sneer」の使い分け

  9. 「幽霊」は足がなくても walk する? 「幽霊が出る」を英語で言うと?