「料理する」「cook」と「prepare」のちがいと使い分け

「料理する」「cook と prepare」使い分けと違い

英語を習い始め、料理に関する表現を覚えるとき最初に出てくるのは cook 「料理する」でしょう。

この単語は使うときちょっと注意!

prepare という単語は「準備する」「用意する」の意味でまず習う。でもこの単語は日本語の「料理する」の意味でも使われる。

 

日本語の「料理する」は過熱してもしなくても使う語、「cook と prepare」は?

cook は「(熱を加えて)~を料理する」。煮る、焼く、揚げるなど「火を使う」(今は電子レンジ、IH など電気もあり)料理のときに cook を使う。

prepare は「刺身やサラダ」などの過熱をしないときに使う語。また「食事の支度をする」の意味でも使う。

 

「ご飯を炊く」は cook rice。

「サラダを作る」は prepare[make] a salad。

関連記事

  1. 「不可欠の」|「essential」「vital」「necessary」の違いと使い方

  2. 「混ぜる」|「mix」「blend」「mingle」の違いと使い方

  3. 「remodel」は「再び作る」⇒「型を直す、建て替える、改造する」

  4. 「助ける」|「help」「aid」「assist」「succor」の違いと使い方

  5. 「submit」は「下へ置く・送る」⇒「服従させる、屈服させる、提出する、委ねる」

  6. 「consent」は「共に感じる」→「同意する、承諾する」となる

  7. 「会議」|「meeting」「conference」「gathering」「assembly」「convention」の使い分け

  8. 「carry」は「運ぶ」だけではない|「(水など)を通す、(声が)届く、伝わる」もある

  9. 「predict」は「前もって言う」