「料理する」「cook」と「prepare」のちがいと使い分け

「料理する」「cook と prepare」使い分けと違い

英語を習い始め、料理に関する表現を覚えるとき最初に出てくるのは cook 「料理する」でしょう。

この単語は使うときちょっと注意!

prepare という単語は「準備する」「用意する」の意味でまず習う。でもこの単語は日本語の「料理する」の意味でも使われる。

 

日本語の「料理する」は過熱してもしなくても使う語、「cook と prepare」は?

cook は「(熱を加えて)~を料理する」。煮る、焼く、揚げるなど「火を使う」(今は電子レンジ、IH など電気もあり)料理のときに cook を使う。

prepare は「刺身やサラダ」などの過熱をしないときに使う語。また「食事の支度をする」の意味でも使う。

 

「ご飯を炊く」は cook rice。

「サラダを作る」は prepare[make] a salad。

関連記事

  1. 「勇敢な」|「brave」「courageous」「bold」「fearless」の違いと使い方

  2. 「旅行」|「journey」「voyage」「excursion」の違いと使い方

  3. 「空(から)の」|「empty」「vacant」の違いと使い方

  4. 「正確」|「exact」「correct」「right」「accurate」「precise」の違いと使い方

  5. 「お買い得品」|「bargain と sale」どちら?

  6. 「biennial」は「2年ごとの」⇒「2年ごとの、2年に一度の」

  7. 車、「乗る、運転する」「get in と drive」|自分で運転するときはどちら?

  8. 「encourage」は「勇気を出させる」⇒「励ます、勇気づける、促進する、奨励する」

  9. 「結合する」|「connect」「link」「combine」の違いと使い方