「料理する」「cook」と「prepare」のちがいと使い分け

「料理する」「cook と prepare」使い分けと違い

英語を習い始め、料理に関する表現を覚えるとき最初に出てくるのは cook 「料理する」でしょう。

この単語は使うときちょっと注意!

prepare という単語は「準備する」「用意する」の意味でまず習う。でもこの単語は日本語の「料理する」の意味でも使われる。

 

日本語の「料理する」は過熱してもしなくても使う語、「cook と prepare」は?

cook は「(熱を加えて)~を料理する」。煮る、焼く、揚げるなど「火を使う」(今は電子レンジ、IH など電気もあり)料理のときに cook を使う。

prepare は「刺身やサラダ」などの過熱をしないときに使う語。また「食事の支度をする」の意味でも使う。

 

「ご飯を炊く」は cook rice。

「サラダを作る」は prepare[make] a salad。

関連記事

  1. 「太った」|「fat」「overweight」「plump」「stout」「obese」「chubby」の違いと使い方

  2. 「abuse」は「逸脱した使用」から「悪用、乱用」

  3. 「切る」|「cut」「chop」「slice」の違いと使い方

  4. 「明らかな」|「evident」「apparent」の違いと使い方

  5. 「uncover」は「覆わない」→「覆いを取る、暴露する」

  6. 「青と緑」「blue と green」使い分けと違い

  7. 「しるし」|「symptom」「indication」の違いと使い方

  8. 「さがす」|「search」「explore」「look for」の違いと使い方

  9. 「かたい」|「hard」「firm」「tough」の違いと使い方