「料理する」「cook」と「prepare」のちがいと使い分け

「料理する」「cook と prepare」使い分けと違い

英語を習い始め、料理に関する表現を覚えるとき最初に出てくるのは cook 「料理する」でしょう。

この単語は使うときちょっと注意!

prepare という単語は「準備する」「用意する」の意味でまず習う。でもこの単語は日本語の「料理する」の意味でも使われる。

 

日本語の「料理する」は過熱してもしなくても使う語、「cook と prepare」は?

cook は「(熱を加えて)~を料理する」。煮る、焼く、揚げるなど「火を使う」(今は電子レンジ、IH など電気もあり)料理のときに cook を使う。

prepare は「刺身やサラダ」などの過熱をしないときに使う語。また「食事の支度をする」の意味でも使う。

 

「ご飯を炊く」は cook rice。

「サラダを作る」は prepare[make] a salad。

関連記事

  1. 「superfluous」は「過度に流れる」→「過度の」

  2. 「壊す」|「break」「damage」「destroy」「smash」の違いと使い方

  3. 「死ぬ」|「pass away」「depart」「perish」「expire」「kick the bucket」の違いと使い方

  4. 「abuse」は「逸脱した使用」から「悪用、乱用」

  5. 「forecast」は「前もって投げる」⇒「予想する、予測する、予報する」

  6. 「ライラックとリラ」「lilac と lilas」使い分けと違い

  7. 「禁止する」|「ban」「forbid」「prohibit」の違いと使い方

  8. 「separate」は「別々に準備する」⇒「引き離す、分ける、区別・選別する」

  9. 「におい」|「smell」「scent」「odor」「aroma」の違いと使い方