「別れる」|「divorce」「separate」「break up」の違いと使い方

「別れる」|「divorce」「separate」「break up」の違いと使い方

「別れる」という言葉の意味はいろいろ。夫婦の別れ、恋人の別れ、親子の別れ、仕事上の別れなど、英語の言い方を覚えておきましょう。

 

「別れる」|「divorce」は法的な結婚生活の終わり

divorce は法的に結婚生活を終わらせることを表すときに使われる語。自動詞、他動詞の両方の使い方がある。

離婚相手を示さないときは get divorced と be divorced の両方の言い方ができる。

 

おしどり夫婦でもあること。

That famously close celebrity couple have divorced. (芸能界きってのおしどり夫婦が離婚しました)

※ famously close celebrity couple「芸能界きってのおしどり夫婦」

 

子どもへの影響は甚大です。

We don’t know all the details, but it is their children who will suffer if the couple get divorced. (どんないきさつがあるのかわかりませんが、あの二人が離婚して悲しむのはお子さんたちです)

 

有名人の離婚。

That golf player paid a huge settlement when he divorced. (そのゴルフプレーヤーは巨額の慰謝料を払って離婚しました)

※ (divorce) settlement「(離婚の)慰謝料」

 

「別れる」|「separate」は夫婦、恋人などの別居

separate は夫婦や恋人、同性愛者同士が別居することを表すときに使われる語。

separate は親子の別居にも使える語。

 

一緒になれないこともある。

I persuade them to accept the inevitable and had them separate. (その二人にはしかたがないとあきらめさせて、別れさせました)

※ persuade「説得して~させる」  the inevitable「避けられないこと」  have「~させる」

 

戦争の悲劇。

Many families experienced the tragedy of separation in the country after the end of the war . (戦後、その国では生き別れの悲しみを味わった家族が多数いました)

 

こんな発言もある。

I would rather die than be separated from my children. (子供を別れるくらいなら死んだ方がましです)

 

「別れる」|「break up」は人間関係の破綻

break up は夫婦や恋人関係を終えることをいうが、普通の対人関係や仕事上の関係について表すときにも使われる語。

break up は結婚や人間関係を主語にして、それらの関係が破綻することを表すときにも使われる語。

 

関係を聞かれて、

I broke up with her ages ago. (彼女とはとっくの昔に縁を切りました)

※ ages ago「とっくの昔に」(この break up は夫婦ではない男女間の縁を切ること)

 

普通は「覆水(ふくすい)盆に返らず」なのだが、

The couple broke up but eventually made up. (その二人は一度は別れたが結局元のさやに収まってしまった)

 

こんな彼もいる。

He has broken up with his girlfriend for good. (彼は彼女とはきっぱり縁を切ってしまった)

※ for good「永久に」

 

こんな例もありそう。

They are continuing to break up and get back together again and again. (彼らはくっついたり離れたりを繰り返しています)

※ continue「~を続ける」

 

まとめ|「別れる」「divorce」「separate」「break up」

divorce は法的な結婚生活の終わり

separate は夫婦、恋人などの別居

break up は人間関係の破綻

関連記事

  1. 「すばらしい」|「wonderful」「lovely」「excellent」「marvelous」の違いと使い方

  2. 「勇敢な」|「brave」「courageous」「bold」「fearless」の違いと使い方

  3. 「高い」|「high」「expensive」「costly」の違いと使い方

  4. 「disarm」は「武器を奪う」ので「武装解除する」

  5. 「administer」は「~に仕える」

  6. 「機会」|「chance」「opportunity」「occasion」の違いと使い方

  7. 「死ぬ」|「die」「dead」「be killed」「decease」の違いと使い方

  8. 「achieve」は「頂点に達する」→「(地位・成功などを)獲得する、達成する」

  9. 「assign」は「しるしを付ける」