「contract」は「一緒に引き合う」ので「契約」となる

「contract」は「一緒に引き合う」ので「契約」となる

contract はラテン語 contractus から英語に入った。

con「一緒に、共に」+ tract「引く、引き合う」→「一緒に引き合う」から「契約」となった。

contract  名詞は「契約」

contract  動詞は「契約する、収縮する」

 

注意! 名詞と動詞とでは発音・強勢が異なる  「名前動後」で覚える

名詞は CON-tract 「カントラクト」のように CON を強く発音する。「コントラクト」ではなく「カントラクト」の方が英語の音に近い。

動詞は con-TRACT「コントラクト」のように TRACT を強く発音する。「コントラクト」のように発音する。

 

名詞は他に

contractor「契約者、(工事)請負人、土建業者」  また、「下請け業者」は subcontractor と言う。

contraction「短縮、収縮」

もある。一緒に覚えてしまおう。

 

This contract is still in force.

「この契約は依然有効である」

in force「有効で」

 

Metal contracts as it becomes cool.

「金属は冷えると収縮する」

 

「abstract」は「~から離して引いた」→「引き抜いた、引き出された」⇒「(具体的なものから)引き抜いた」

abs「~離す」+ tract「引いた」⇒「(具体的なものから)引き抜いた」ので「抽象的な、難解な」となる

abstract  形容詞「抽象的な、難解な」

abstract  名詞「抽象(概念)」

abstract    動詞「抽象する、引き出す、要約する、取り出す、分離する」

 

Let’s discuss the matter in a less abstract way.

「もっと具体的に話をしよう」

 

「attract」は「~の方へ引き寄せる」

at「~の方へ」+ tract「引き寄せる」⇒「~の方へ引き寄せる、引きつける」

attract「引きつける、魅惑する、誘致する」

名詞は attraction「魅力、呼び物」

形容詞は attractive「魅力的な」

 

The gay music attracted the children to the amusement park.

「子供たちはにぎやかな音楽に誘われて遊園地の方へ行った」

 

「distract」は「引き離す」

dis「(分離)離れて」+ tract「引っ張る」→ distract「引き離す」から

distract「(注意・気持ちなど)をそらす、紛らす、散らす」

名詞は distraction「気晴らし、注意散漫、気晴らし、娯楽」

 

He tried to concentrate but he was distracted by the noise outside.

「彼は集中しようとしたが、外の騒音で気が散ってしまった」

 

「extract」は「引き出す」

ex「外へ」+ tract「引く」→「外へ引く」⇒「引き出す」となる

extract「引き出す、抜粋する、引用する、抽出する」

名詞の extract は「抽出した物、濃縮物、エキス、抜粋、抄録」

 

The oil is extracted from the flowering tops of the lavender plant in Furano, Hokkaido.

「そのオイルは北海道富良野産のラベンダーの花頭から抽出したものだ」

関連記事

  1. 「multiple」は「多くの重なり」

  2. 「光る」|「sparkle」「glitter」の違いと使い方

  3. 「借りる」|「borrow」「rent」「hire」「use」の違いと使い方

  4. 「特別の」|「special」「particular」「specific」「unique」の違いと使い方

  5. 「混ぜる」|「mix」「blend」「mingle」の違いと使い方

  6. 「消防用のホース」は「horse と hose」どちら?

  7. 「結合する」|「connect」「link」「combine」の違いと使い方

  8. 「だます」|「cheat」「fool」「trick」「deceive」の違いと使い方

  9. 「内気な」|「shy」「bashful」「modest」の違いと使い方