「勇敢な」|「brave」「courageous」「bold」「fearless」の違いと使い方

「勇敢な」|「brave」「courageous」「bold」「fearless」の違いと使い方

「勇敢な」人々が様々な場面で活躍する。日本語は「勇敢な」一語でほぼ済んでしまうが、英語で「勇敢な」は brave、courageous、bold、fearless などを使い分ける。「勇敢な」人々を英語ではなんと言うか? 使い分けがあるので覚えておこう。

 

「勇敢な」|「brave」は人や行為が勇敢

brave「勇敢な」 は人や行為が勇敢であることを表すときに最もよく使われる語。

 

男性も女性も brave な人がいる。

Takeshi’s mother was brave enough to fight against any difficulties.(タケシの母はどんな困難にも立ち向かう勇ましい女性だった。)

 

どんな苦境にも負けない brave な女の子。

The brave girl pulled though the hardships all by herself.(その少女はけなげにも1人で苦難を切り抜けたのだ。)

 

弁慶は brave man。

Benkei was quite a brave man.(弁慶はなかなか豪快な男であった。)

 

「勇敢な」|「courageous」は確固たる勇敢さ

courageous「勇敢な」は少し固めの語で、確固たる勇敢さを示すときに使う語。

 

負けても courageous な試合では拍手がある。

The spectators enthusiastically applauded the team’s courageous play.(観客はチームの敢闘を称え、拍手をおしまなかった。)

※ spectator「観客」 enthusiastically「熱狂的に」 applaud「拍手喝采する」

 

2011年の実際の話です。

The firefighters’ courageous act was the object of admiration throughout the country.(消防士たちの勇気ある行動は国中の賞賛の的になりました。)

※ act「行動」   object of admiration「賞賛の的」  throughout the country「国中の」

 

「勇敢な」|「bold」は行動の思い切りの良さ

bold「勇敢な」は行動の思い切りの良さを示すときに使う語。

bold は action、step、move などの語と結びついて使われる。

 

脱サラをした人のことば。

I resolved to take the bold step of quitting the company that I had worked for many years.(長年勤めた会社を思い切ってやめることにしました。)

※ resolve「決心する」  take the bold step of …「思い切って~する」  quit「やめる」

 

歴史に残るのは bold な行動をとる人。

Ryoma’s bold behavior has always been the talk of the town.(リョーマの大胆な行動はいつも世間を騒がせました。)

 

「勇敢な」|「fearless」は人の大胆さをほめる

fearless は人の大胆さをほめるときに使う語。

 

大胆不敵な剣闘士は fearless。

The gladiator wore a fearless smile.(その剣闘士は大胆不敵な笑みを浮かべていたのだ。)

※ gladiator「剣闘士」

 

「物おじしない」も fearless。

The girl’s strength is her fearless attitude.(その女の子の長所は物おじしないところです。)

※ strength「長所、強味」  attitude「態度」

 

まとめ「brave」「courageous」「bold」「fearless」のワンポイトアドバイス

今回は、「brave」「courageous」「bold」「fearless」の4つに注目してみました。

英語の意味をまとめると、

  • brave = 「人や行為が勇敢」
  • courageous = 「確固たる勇敢さ」
  • bold =「思い切りのよさ」
  • fearless = 「大胆さ」

トップへ戻る

関連記事

  1. 「しるし」|「sign」「mark」「token」の違いと使い方

  2. 「つかむ」|「take」「seize」「grasp」の違いと使い方

  3. 「instruct」は「心の中に築く」⇒「教える」

  4. 「達成する」|「achieve」「attain」「accomplish」の違いと使い方

  5. 「分ける」|「separate」「divide」「part」「sever」の違いと使い方

  6. 「消える」|「clear」「dissolve」「melt」の違いと使い方

  7. 「congress」は「共に歩く・来る」→「共に来ること・所」→「会議、大会、学会、国会」

  8. 「音」|「sound」「noise」「tone」「note」の違いと使い方

  9. 「survive」は「越えて生きる」⇒「生き残る」