「お買い得品」|「bargain と sale」どちら?

「お買い得品」|「bargain と sale」どちら?

「このシャツはバーゲンで買った。お買い得品だった。」

この日本語を英語で言うときは…

 

「bargain と sale」|「バーゲンで」は「at a sale」

「このシャツはバーゲンで買った」

I bought this shirt in a sale.

バーゲンで」は 「in a sale」という。また「on sale」もある。

 

 I bought this shirt by bargain.  は英語ではない

 

「bargain と sale」|「お買い得品」は 「bargain」

「(このシャツは)お買い得品だった」

This shirt was a bargain.

 

お買い得品」は bargain という。

 

英語の勉強で大事なことは、言葉の意味とその並べ方。単語と熟語(2つ以上の単語の組み合わせで1つの意味を表すもの)の意味を覚え、正しい順序で並べて文を作ると、通じる英語になる。

「単語、熟語を覚える → 正しい並べ方を覚える → 通じる英語」— この順番が大事。

単語、熟語は必ず文の中で覚える。それが使える英語への最短ルート。

このレッスンでは、よくある間違いをしないためのワンポイントレッスンを紹介します。

関連記事

  1. 「気づく」|「aware」「conscious」の違いと使い方

  2. 「明らかな」|「evident」「apparent」の違いと使い方

  3. 「尋ねる」|「ask」「question」「query」の違いと使い方

  4. 「administer」は「~に仕える」

  5. 「仕事」|「work」「labor」「business」の違いと使い方

  6. 「depress」は「下へ押す」→「押し下げる」⇒「落胆させる、弱める、下に押す」

  7. 「有名な」|「famous」「well-known」「prominent」の違いと使いかた

  8. 「conquest」は「完全に求める・入手する」→「完全に獲得」⇒「征服」

  9. 「occur」は「~に向かって走る」→「出会う」→「現れる、発生する」⇒「起こる、生じる、浮かぶ、存在する」