小樽商科大学の受験対策!英語教師が選んだ「英作文のストラテジー」「おすすめ参考書」

小樽商科大学の受験対策に買っておきたい「英作文のストラテジー」「おすすめ参考書」

今回はタイトルにある通り『小樽商科大学の受験対策!英語教師が選んだ「英作文のストラテジー」「おすすめ参考書」』を紹介します。

 

その前にこちらの記事は見ていただけましたでしょうか?

小樽商科大学 受験対策「英作文のストラテジー」を買うべき理由

小樽商科大学の入試問題では、問題文を正確に読み取りその内容について英問英答、本文の内容に即しての英文訂正、タイトル・話題や状況を指定しての自由作文などの問題に答える力が必要です。

「表現のための実践ロイヤル英文法 問題演習」などの問題集で基礎固めを終えた後、「何を、どのくらい、どのように」書くか、というレベルへ進んでいきます。

小樽商科大学 英作文力を確実にアップすることができる参考書

ここで紹介するのは河合出版の「英作文のストラテジー」です。

 

英作文の基礎から応用・発展に進むには次のことが重要です。

「よくあるミス」を回避する。

「文法・語法的に正しい英語」で書く。ネイティブの書く「自然な英語」は将来の自分への課題として残しておく。

「自由に使える基本例文」を「理解」して「覚え」る。そして「使いこなす」訓練をする。基本英語を「自家薬籠中の物」とするのです。

 

英作文の採点基準を知っておく

英作文、あるいは小樽商科大学の入試問題のように英語で解答を求める問の場合、各大学は採点基準を設け、客観的な評価をするようにしています。

「英作文のストラテジー」のコラムから一部抜粋して紹介します。

文法・語法などの構造面のミスは大幅減点。部分点はなし。

単語、表現選択ミスは日本語の意味と大きくずれる(=状況をきちんと表現していない)場合、ある程度減点。ニュアンスが違う程度はほとんど減点なし。

冠詞、前置詞、呼応、一致、スペルなどのミスは文意に大きな影響がなければ、ほとんど減点なし。

いかに英文を書くか、の訓練

同書の概略を紹介します。

パート1は、主語と動詞を設定し、修飾表現を加え、さらに英文を連結するレベルから始まります。

パート2は、基本例文の理解と暗記。ここで様々な語法を確認します。

 

パート3は、問題編。3~4行程度の日本文を英訳する形式です。

それぞれの問に複数の解答例と詳しい解説があります。

小樽商科大学をはじめとして中堅から難関大学の英作文の問題にも対応できる英作文力をつけ得る内容となっています。

 

他にも同レベルの素晴らしい参考書が多々ありますが、推薦できる一冊として河合出版の「英作文のストラテジー」を推薦します。

 

まとめ

 

基礎からの作文力が一通り身に付き、さらに上級レベルを目指す人にこの一冊、河合出版の「英作文のストラテジー」をおすすめします。


受験対策トップに戻る

関連記事

  1. 小樽商科大学の受験対策!英語教師が選んだ参考書・問題集

  2. 小樽商科大学の受験対策!英語教師が選んだ「表現のための実践ロイヤル英文法 問題演習」「おすすめ問題集」

  3. 小樽商科大学の受験対策!英語教師が選んだ「ラストスパート英作文珠玉の10題」

  4. 小樽商科大学の受験対策!英語教師が選んだ「ジーニアス総合英語」

  5. 小樽商科大学の受験対策!英語教師が選んだ「おすすめ参考書」No.4

  6. 小樽商科大学の受験対策!英語教師が選んだ「もっと減点されない英作文 過去問演習編 改訂版」

  7. 【受験対策】英語教師が実践した「小樽商科大学の英語攻略法」

  8. 小樽商科大学の受験対策!「ジーニアス総合英語」英語教師が選んだ「おすすめ参考書」

  9. 小樽商科大学の受験対策!英語教師が選んだ「Scramble 英文法・語法 4th Edition」