小樽商科大学の受験対策!英語教師が選んだ「表現のための実践ロイヤル英文法 問題演習」「おすすめ問題集」

小樽商科大学の受験対策に買っておきたい「表現のための実践ロイヤル英文法 問題演習」「おすすめ問題集」

小樽商科大学の入試で受験生に求められているのは。

将来のビジネスの現場で使うための英語を身につけるための「英語の基礎力」です。

 

基礎とは言え、「やさしい、簡単な“Easy English” ではもちろんありません。

難易度はかなり高い問題が出題されています。

 

小樽商科大学の入試問題では単体での「文法問題、語彙・語法問題、単純な作文問題」は出題されません。

これらの問題が単体では出題されませんが、文法力、語彙力、作文力があるという前提で「応用、発展」問題が出題されています。

思考力が必要なのは言うまでもありません。

 

まず徹底した基礎固めが必要です。

 

小樽商科大学 英作文法のおすすめ問題集

その一冊とは、旺文社「表現のための実践ロイヤル英文法 問題演習」です。

この問題集は『表現のための実践ロイヤル英文法』の練習問題と解説の増補版の位置づけですが、この問題集1冊だけでも英作文の学習材料として十分効果があげられるものとなっています。

理想としては『表現のための実践ロイヤル英文法』をメイン教材とし、その補強としてこの「表現のための実践ロイヤル英文法 問題演習」に取り組むことが文法を土台としたきちんとした作文力がつく最善の方法だと考えます。

ですが、「表現のための実践ロイヤル英文法 問題演習」のみの勉強でも小樽商科大学の入試で要求されている英作文力がかなりカバーできます。

なにより、あくまでも文法を土台としたオーセンティックな学習法を取ることで、小樽商科大学の入試で出題される難易度の高い問題文に関する英問英答や誤文訂正などにも対応できるようになってきます。

高校の英語表現(=英作文)の教科書で採用数が多い教科書は、文法重視の編集になっているものである、というあまり知られていない事実もあえてここで述べておきます。

このデータは公表されてはいますが、一般の人にはあまり知られていないことです。

 

外国語としての英語の学習に最も有効で能率の良い学習方法は、まず土台となる文法をしっかりとマスターすることです。この問題集には文法を確認しつつ、実際に使える例文、練習問題文が詰まっています。

同書の利用法に、「この本を学習する最終目的は、現代の正しい標準英語で、ある程度の長さの文書や、手紙などが書けるようになることです」とあります。

 

この問題集をしっかりと取り組み、中身を身につければ(=英文を全部覚えれば)小樽商科大学の英問英答、誤文訂正、答えに対して質問文を作ること、対話文の完成、状況を説明する英作文の問題などに対応できる力がついてくるはずです。

 

基礎から応用レベルの問題集の一冊として、ここで紹介しておきます。

まとめ

小樽商科大学に限らず進学校で多くの学生を受験指導してきました。英語の受験指導の専門家として選んだ一冊を紹介しました。


受験対策トップに戻る

関連記事

  1. 「はやぶさ2」ミッション遂行中|入試によく出る日本文化

  2. 「引きこもり」入試に出る日本文化・事象の文法・語法

  3. 「茶・茶道」 入試に役立つ日本文化・事象の英語表現、文法・語法コーナー

  4. 「フリーズドライ製品」一人世帯、高齢者にも幅広い製品|入試によく出る日本文化

  5. 「はやぶさ2、世界初の人工クレーター」入試によく出る日本文化

  6. 「日本の人口減少」働き手も減少|入試によく出る日本文化

  7. 「バイリンガルと外国語」入試に役立つ日本文化・事象の英語表現、文法・語法

  8. 「~に観光に行く」の表現|英語ワンポイントレッスン

  9. 「大相撲と武士道」入試によく出る日本文化|武士道で精進