正しい英語ワンポイントレッスン|「time」(時間)と「times」(回数)

正しい英語ワンポイントレッスン|「time」(時間)と「times」(回数)

英語の勉強で大事なことは、言葉の意味とその並べ方。単語と熟語(2つ以上の単語の組み合わせで1つの意味を表すもの)の意味を覚え、正しい順序で並べて文を作ると、通じる英語になる。

「単語、熟語を覚える → 正しい並べ方を覚える → 通じる英語」— この順番が大事。

このレッスンでは、よくある間違いをしないためのワンポイントレッスンをしていきます。

今回は「time」。time は単数形と複数形( -s がついた形)の両方あり。ただし、意味が違う。

“time” はいろいろな意味で使われる単語。ここでは「時間」と「回数」を表すときの使い方を覚えよう。

例えば、連休中に海外旅行に行った人に聞いてみよう。

滞在期間を尋ねるときは、

(1) 「あなたはハワイで、どのくらい過ごしましたか」

How much time did you spend in Hawaii?

この time は「時間」の意味。不可算名詞(数えられない名詞)。-s がついた times は間違い。

訪問回数を尋ねるときは、

(2) 「あなたは何回ハワイを訪れましたか」

How many times have you visited Hawaii?

この time は 可算名詞。複数形の -s をつけて、times とする。

 

この区別、よくある間違いのひとつ。気をつけよう。

関連記事

  1. 「新入生歓迎会とお酒」入試に役立つ日本文化

  2. 「バイリンガルと外国語」入試に役立つ日本文化・事象の英語表現、文法・語法

  3. 「車内販売終了」入試によく出る日本文化

  4. 「日本の伝統的な集落」入試によく出る日本文化

  5. 「おとぎ話」入試によく出る日本文化

  6. 「達磨」七転び八起き|入試によく出る日本文化

  7. 「中高生の英語力は?」英語学力検査結果|入試によく出る日本文化

  8. e-sportsをクラブ活動に【受験対策】入試に役立つ日本文化・事象の英語表現、文法・語法

  9. 「~に観光に行く」の表現|英語ワンポイントレッスン