「surpass」は「上を越える」→「まさる、しのぐ、~を越える」

「surpass」は「上を越える」→「まさる、しのぐ、~を越える」

sur「上を」+ pass「越える」→「上を越える」⇒「まさる、しのぐ、~を超える」

surpass「まさる、しのぐ、~を超える」

 

He surpasses his elder brother in science.

「彼は理科では兄よりもすぐれている」

 

The beauty of the sunset surpassed description.

「日の入りの美しさは言葉では表現できないほどだった」

 

「passage」は「通ること、通れるようにしてあるもの」

pass「通る」+ age「(行為、状態)」→「通ること、通れるようにしてあるもの」

passage「通行、通過、通路、道路、旅行、一節、(時の)経過」

 

Our ship sailed through a passage into the open sea.

「私たちの船は水路を航行して外海へ出た」

 

「passenger」は「通り過ぎる人」→「乗客、旅客」

passeng「通り過ぎる」+ er「人」→「通り過ぎる人」⇒「乗客、旅客」

passenger「乗客、旅客」

 

Neither the driver nor the passengers were hurt.

「運転手にも乗客にもけがはなかった」

 

「passer-by」は「通り過ぎる人」→「通行人、通りがかりの人」

pass「通る」+ er「人」+ by「そば」→「通り過ぎる人」→「通行人、通りがかりの人」

passer-by「通行人、通りがかりの人」

 

A passer-by ran after the thief and caught him last night.

「昨夜、通行人が泥棒を追いかけて捕まえた」

 

「pastime」は「時を(気晴らしになるように)過ごせ」⇒「気晴らし、娯楽、趣味」

pas (=pass)「過ごせ」+ time「時を」→「時を(気晴らしになるように)過ごせ」⇒「気晴らし、娯楽、趣味」

pastime「気晴らし、娯楽、趣味」

 

Riding a bicycle is his favorite pastime.

「自転車に乗ることが彼の好きな気晴らしだ」

関連記事

  1. 「10連休、大宰府にも多くの人」入試によく出る日本文化

  2. 「説明する」|「explain」「account for」「describe」「illustrate」「tell」の違いと使い方

  3. 「故障」|「be broken」「not working」「out of order」の違いと使い方

  4. 「尋ねる」|「ask」「question」「query」の違いと使い方

  5. 「満足」|「satisfied」「pleased」「glad」「happy」の違いと使い方

  6. 「普通の」|「common」「usual」「normal」「ordinary」の違いと使い方

  7. 「恐怖」|「fear」「dread」「fright」の違いと使い方

  8. 「身の丈」を英語でいうと?

  9. 「1人」|「alone」「lonely」「solitary」の違いと使い方