「submit」は「下へ置く・送る」⇒「服従させる、屈服させる、提出する、委ねる」

「submit」は「下へ置く・送る」⇒「服従させる、屈服させる、提出する、委ねる」

sub「下へ」+ mit「置く、送る」→「下へ置く・送る」⇒「服従させる、屈服させる、提出する、委ねる」

submit「服従させる、屈服させる、提出する、委ねる」

形容詞は submissive「服従的な、従順な」

 

The president said that he would not submit himself to any protests.

「その大統領は、どんな抗議にも屈しないと言った」

 

The woman was not submissive to her husband.

「その女性は夫の言いなりにはならなかった」

 

「admit」は「~へ送る」→「送り込む」→「送り込むことを認める」⇒「認める、入場・入会・入学を認める、収容できる、余地がある」

ad「~へ」+ mit「送る」→「~へ送り込む」→「送り込むことを認める」⇒「認める、入場・入会・入学を認める、収容できる、余地がある」

admit「認める、入場・入会・入学を認める、収容できる、余地がある」

名詞  admission「入学などの許可、入場料、承認」

名詞  admittance「入場許可、入り口」

 

John admitted that he had broken the window.

「ジョンは窓を割ったことを白状した」

 

「commit」は「ある人に一切を送る」→「委ねる」⇒「託す、委託する、犯す」

com「(強意)完全に」+ mit「送る」→「ある人に一切を送る」→「委ねる」⇒「託す、委託する、犯す」

commit「託す、委託する、犯す」

名詞 committee「委員会」

名詞 commitment「約束、公約、言質、献身」

 

The politician committed a grave error by making concessions to the right wing of the party.

「その政治家は党の右派に譲歩するという重大な過ちを犯した」

 

「dismiss」は「向こうへ送り出す」→「去らせる」⇒「解散させる、解雇する、退ける、却下する」

dis「離れて」+ miss「送る」→「向こうへ送り出す」→「去らせる」⇒「解散させる、解雇する、退ける、却下する」

dismiss「解散させる、解雇する、退ける、却下する」

名詞は dismissal「退去、解雇、免職、却下」

 

The president dismissed him for neglect of duty.

「社長は職務怠慢で彼をくびにした」

 

「permit」は「~を通して行かせる」→「通過するのを許す」⇒「許す、許可する」

per「~を通して」+ mit「行かせる、送る」→「~を通して行かせる」→「通過するのを許す」⇒「許す、許可する」

permit「許す、許可する」

名詞は permission「許可」

 

Smoking is not permitted in this room.

「この部屋は禁煙です」

関連記事

  1. 「打つ・たたく」|「knock」「slap」「bang」の違いと使い方

  2. 「答え」「答える」|「answer」「response」「reply」の違いと使い方

  3. 「cook」と「cooking」の違いと使い方

  4. 「garden と yard」|「庭」の使い分けと違い

  5. 「さいふ」|「purse」「wallet」の違いと使い方

  6. 「近視」と「メガネ」|英語で言うと?

  7. 「black hole」元々は「入ったら出てこられない監禁場所」

  8. 「怒った」|「angry」「mad」「pissed」「upset」の違いと使い方

  9. 「勇敢な」|「brave」「courageous」「bold」「fearless」の違いと使い方