「肉」を英語でいうと? meat だけが「肉」ではない!

「肉」を英語でいうと? meat だけが「肉」ではない!

日本語の「肉」は英語では meat という。

meat 1語で、牛、豚、羊、鶏などを指し、料理の話をするときに具体的に牛肉、豚肉、羊肉、鶏肉などと区別をする。

英語では生きているときと、食材としての肉をいうときで言葉(単語)を変える場合がある。

生きている「牛」は cow 「雌牛」、bull「雄牛」、ox「去勢牛」などというが、食卓に上がるものは beef「牛肉」となる。

生きている豚は pig, hog, swine というが、食卓に上がるものは pork「豚肉」となる。

生きている羊は sheep というが、食卓にあがるものは mutton という。

「肉」を英語でいうと?

一般的な「肉」は meat を使う。

meat は通例食用の動物の肉をいう。例文で覚えよう。

 

beef「牛肉」

The most popular dish at this restaurant is beef stew.

「このレストランで一番人気のあるのはビーフシチューだ」

 

pork「豚肉」

Miso goes surprisingly well with breaded pork cutlets.

「トンカツと味噌は以外と相性がいい」

 

chicken「鶏肉」

This is a chicken curry that my wife made with special attention to the spices.

「これは私の妻がスパイスにこだわって作ったチキンカレーです」

 

lamb「羊肉」

Once they offered a lamb as a sacrifice.

「かつて、彼らは子羊をいけにえにささげた」

 

poultry, fowl 「家禽類の肉」

Some poultry in the area were infected with bird flu.

「その地域の家禽の一部が鳥インフルエンザに感染した」

 

fish「魚肉」

I prefer to eat grilled fish while it’s hot.

「焼き魚は熱々のうちに食べたい」

 

などという。

食用でない「肉」はなんという?

人間の「肉」や食用でない「肉」は flesh という。

この単語 flesh と fresh の音の違いに注意!

日本人は fresh と flesh の発音の区別が苦手。「r」と「l」の区別です。英語で話すときは注意しましょう。

 

He is a fresh student.

「かれは元気いっぱいの学生だ」

 

✖ He is a flesh student.   これは意味不明! 「彼は肉学生だ」では全く意味不明!

fresh と flesh の発音をしっかり区別しよう。

 

A vulture was eating the flesh off a carcass.

「ハゲタカが死肉をついばんでいた」

vulture「ハゲタカ」、carcass「死体、死肉」

関連記事

  1. 「数字」|「number」「figure」「numeral」の使い分け

  2. 運転免許「自主返納」|「自主」voluntarily、freely  「返納」return、give up

  3. 「非難する」|「blame」「criticize」「accuse」「condemn」の違いと使い方

  4. 「consider」は「一緒に星を」→「多くの星を一緒によく見る」→「念入りにみる、調べる」⇒「よく考える、熟慮する、~とみなす」

  5. 「隠れ停電」を英語でいうと?

  6. 「手」は「hand」だけではない|「手」を表す英語、いろいろ

  7. 「sound」|「音」と「健全な」

  8. 「煮る」|「boil」「simmer」「stew」の違いと使い分け

  9. 「料金、値段」|「price」「cost」「charge」「rate」「fees」「fare」「rent」の使い分け