「信じる」|「believe」「believe in」「trust」の違いと使い方

「信じる」|「believe」「believe in」「trust」の違いと使い方

「信じる」ときの信じる対象と信じ方により英語の表現も違ってくる。「信じる」の表現を覚えておきましょう。

 

「信じる」|「believe」は希望を込め漠然と信じる

believe は事柄、情報、発言の内容を希望を込めて漠然と信じるときに使われる語。

 

ことわざ。

Seeing is believing. (百聞は一見にしかず)

※ 日本語の直訳は Seeing a thing once is better than hearing about it a hundred times.

 

親の希望とは、

Parents are inclined to believe there is nothing insincere in what their children say. (親は子供の言うことにウソ偽りはないと信じたいものなんです)

※ inclined to「~の意向にある、~したい」  insincere「偽りの」

 

幽霊。

Do you believe ghosts exist? (幽霊はいると思いますか)

※ 存在を強く信じるときは believe in を使う

 

宇宙の成り立ちは?

Some people believe that God created the whole universe. (神が宇宙を創造したと信じる人もいます)

 

「信じる」|「believe in」は強い確信を持って信じる

believe in は存在、人柄、正しさ、有効性などを強い確信を持って信じるときに使われる語。

 

伝説の騎士。

The knight believed in eternal life. (その騎士は永遠の生命を信じていた)

※ eternal「永遠の」

 

縁起について。

Fishermen tend to believe in omens. (漁師は縁起を担ぐものだ)

※ omen「縁起」

 

子供を信じる父。

The father believed in his son’s innocence. (父親は息子の潔白を信じていた)

※ innocence「潔白」

 

永遠の疑問。

Do you believe in the existence of flying saucers? (あなたはUFOの存在を信じますか)

※ existence「存在」  flying saucer「空飛ぶ円盤」  UFO=unidentified flying object「未確認飛行物体}

 

「信じる」|「trust」は根拠がなくても信頼感を持って信じる

trust は人柄、能力、誠実さ、価値などを、必ずしも根拠はなくても信頼感を持って信じるときに使われる語。

 

手紙のご挨拶で、

I trust you are well. (お元気でお過ごしのことと思います)

 

情報収集は地道に、

We can trust information collected through legwork. (足で集めた情報は信用できます)

 

信頼できる人。

We can confidently trust the interpreter with the task. (その通訳者は安心して仕事を任せられます)

※ interpreter「通訳、通訳者」

 

人間関係の構築。

Respect for each other creates a relationship of trust. (お互いを尊敬し合うことが信頼関係を生むのです)

※ respect「尊敬」  relationship「関係」

 

まとめ|「信じる」「believe」「believe in」「trust」

believe は希望を込め漠然と信じる

believe in は強い確信を持って信じる

trust は信頼感を持って信じる

関連記事

  1. 「顔と頭」「face と head」の使い分けと違い

  2. 「退屈な」|「boring」「dull」「tedious」「not very interesting」の違いと使い方

  3. Flaming colors of the autumn leaves| 北海道は秋の色、大雪山

  4. 「incline」は「~の方へ曲がる」→「~したい気持ちにさせる、向けさせる、傾ける、こころが傾く」

  5. 正しい英語ワンポイントレッスン「毎日のことは現在形」

  6. 「地図」|「map と atlas」どちら?

  7. カタカナの「タンカー」は船、英語の「tanker」は油を運ぶ「船、自動車、飛行機」

  8. 「壊す」|「crack」「fracture」「splinter」の違いと使い方

  9. 「administer」は「~に仕える」