「evening と night」使い分けと違い

「evening と night」使い分けと違い|基本的な意味

evening は「夕方、日暮れごろ」、また「夜分」の意味もある。

night は「夜、夜間、晩」の意味。

 

説明風にいうと、

evening「日没から寝る時間まで」をいう。

night「日没から日の出まで、特に暗い間」をいう。

ただし、ある時を evening と night のどちらととらえるかはその人の主観による。

 

「evening と night」使い分けと違い|「あいさつ」の使い分け

Good evening.  は、夜のあいさつ「今晩は」。

Good night.  は、寝るときのあいさつ「おやすみなさい」。また、夜、人と別れるときの「さようなら」も Good night. という。

 

英語の勉強で大事なことは、言葉の意味とその並べ方。単語と熟語(2つ以上の単語の組み合わせで1つの意味を表すもの)の意味を覚え、正しい順序で並べて文を作ると、通じる英語になる。

「単語、熟語を覚える → 正しい並べ方を覚える → 通じる英語」— この順番が大事。

単語、熟語は必ず文の中で覚える。それが使える英語への最短ルート。

このレッスンでは、よくある間違いをしないためのワンポイントレッスンを紹介します。

関連記事

  1. 「変形する」|「transform」「transmute」「convert」「transfigure」の違いと使い方

  2. 「混ぜる」|「mix」「blend」「mingle」の違いと使い方

  3. 「頭」|「head と hair と brain」|使い分けと違い

  4. 「depress」は「下へ押す」→「押し下げる」⇒「落胆させる、弱める、下に押す」

  5. 「10連休、大宰府にも多くの人」入試によく出る日本文化

  6. 「biennial」は「2年ごとの」⇒「2年ごとの、2年に一度の」

  7. 「import」は「中に運ぶ」→「運び入れる」⇒「輸入する、持ち込む、導入する」

  8. 「infant」は「話すことができない」ので「幼児」となる

  9. 「multiple」は「多くの重なり」