「dress と dressing」|dress は「整える、用意する」

「dress と dressing」|dress は「整える、用意する」

 

「dress と dressing」|「服」と「ソース」?

カタカナで「ドレス」は「洋服、服装」などのこと。一般的には「婦人服」あるいは、特に「礼服」や「優美な仕立てのもの」を指す。

カタカナで「ドレッシング」は魚やサラダにかける広義の「ソースの一種」を指す。

この二つの語、カタカナで見ていると、「服」と、「ソースの一種」で、全く関係のない語に見える。

 

「dress と dressing」|dress に –ing がついて dressing

dressing は単純に dress に –ing がついて、できた語。

dressing の基本的な意味は「着付け、身支度、衣服、(食物用の)ソース」など。

 

「dress と dressing|そもそもは「きちんと整える、用意する」

dress は「まっすぐにした」が元々の意味。ここから「きちんと整える、用意する」という意味が生まれ、さらに「きちんと服を着る」の意味になった。

 

「dress と dressing|dress の意味はいろいろ

dress の表す主な意味は次の通り。

服に関する意味では、「服を着せる」「人に衣類をあてがう」。

髪や庭木などの場合は、それらを「整える」。

また、布、皮、建築用石などの「仕上げ加工をする」。

 

そして、食べ物の場合には。

肉、鳥、カニなどを市場、料理用に「調える」や「下ごしらえをする」

料理やサラダを「ソース・ドレッシングで仕上げる」

となる。

 

「dress と dressing」|dressing の意味もいろいろ

dressing の表す主な意味は次の通り。

傷などの「手当」や「包帯」「手当用品」の意味。

アメリカ英語では鳥料理の「詰め物」。

 

そしておなじみの、食べ物についての、

「ドレッシング」「(種々の)ソース」の意味。

もちろん、

「着付け」「服装」の意味もある。

 

英語の勉強で大事なことは、言葉の意味とその並べ方。単語と熟語(2つ以上の単語の組み合わせで1つの意味を表すもの)の意味を覚え、正しい順序で並べて文を作ると、通じる英語になる。

「単語、熟語を覚える → 正しい並べ方を覚える → 通じる英語」— この順番が大事。

単語、熟語は必ず文の中で覚える。それが使える英語への最短ルート。

このレッスンでは、よくある間違いをしないためのワンポイントレッスンを紹介します。

関連記事

  1. 「heavy」「重いと激しい」使い分けと違い

  2. 「地図」|「map と atlas」どちら?

  3. 「しるし」|「sign」「mark」「token」の違いと使い方

  4. 「習慣」|「habit」「custom」「practice」の違いと使い方

  5. 「国」|「country」「nation」「state」「land」の使い分け

  6. 「accurate」は「~に気を使う」→「正確な、的確な」

  7. 「問題」|「problem」「issue」「subject」「question」「matter」の違いと使い方

  8. 「結合する」|「join」「conjoin」「unite」の違いと使い方

  9. 「hand」|「手」と「針」使い分けと違い