「encourage」は「勇気を出させる」⇒「励ます、勇気づける、促進する、奨励する」

「encourage」は「勇気を出させる」⇒「励ます、勇気づける、促進する、奨励する」

en「与える」+ cour「心臓」+ age「場所」→「心臓(心)のある場所を与える」→「勇気を出させる」⇒「励ます、勇気づける、促進する、奨励する」

encourage「勇気を出させる」⇒「励ます、勇気づける、促進する、奨励する」

名詞 encouragement「激励、奨励、激励となるもの、励みとなるもの」

形容詞 encouraging「激励の、励みとなる、元気づける、好意的な」

 

You are encouraged to ask any questions.

「どんな質問でもどんどんして下さい」

 

My teacher is good at encouraging me to talk.

「私の先生は聞き上手です」

 

「accord」は「心、中心へ向かって(進む)」⇒「一致する、調和する」

ac「~へ」+ cord「心、中心」→「心、中心へ向かって(進む)」→「勇気を出させる」⇒「励ます、勇気づける、促進する、奨励する」

accord   動詞「勇気を出させる」⇒「励ます、勇気づける、促進する、奨励する」

accord   名詞「一致、合致、調和、協定、協約、和音」

副詞は according「一致した、調和した、従った」

 

His account of the incident accords with the witness.

「その事件についての彼女の説明は目撃者の説明と一致する」

 

「cordial」は「心の」⇒「心からの、真心こもった、強心性の、元気をつける」

cord「心」+ ial「(形容詞語尾)~の」→「心の」⇒「心からの、真心こもった、強心性の、元気をつける」

cordial「心からの、真心こもった、強心性の、元気をつける」

 

The party had a cordial welcome when they arrived at the hotel.

「一行はホテルに着くと心からの歓迎を受けた」

 

「courage」は「心のある所」⇒「勇気、度胸、大胆、精神力」

cour「心臓」+ age「場所」→「心のある所」⇒「勇気、度胸、大胆、精神力」

courage「勇気、度胸、大胆、精神力」

形容詞は courageous「勇気・度胸のある、勇ましい」

 

His courage rose in him.

「彼は元気が出てきた」

 

「discourage」は「勇気を奪う」⇒「落胆させる、がっかりさせる、勇気・希望・自信を失わせる、邪魔する、妨げる」

dis「奪う」+ courage「勇気、やる気」→「勇気を奪う」⇒「落胆させる、がっかりさせる、勇気・希望・自信を失わせる、邪魔する、妨げる」

discourage「落胆させる、がっかりさせる、勇気・希望・自信を失わせる、邪魔する、妨げる」

 

When you feel discouraged about the door in your face, you’d better look in a different direction.

「目の前の扉に失望を感じたら、別の方向をみるとよい」

関連記事

  1. 「環境」|「environment」「surroundings」の違いと使い方

  2. 「attend」は「~に(足を)伸ばす、(心を)向ける」⇒「出席する、世話する、看護する」

  3. 「保持する」|「keep」「retain」「withhold」「reserve」の違いと使い方

  4. 「境界」|「border」「frontier」「boundary」の違いと使い方

  5. 「さいふ」|「purse」「wallet」の違いと使い方

  6. 「indigenous」は「(種族の中で)生まれた」→「ある土地(国)に生まれ育った」

  7. 「恐怖」|「fear」「dread」「fright」の違いと使い方

  8. カタカナの「タンカー」は船、英語の「tanker」は油を運ぶ「船、自動車、飛行機」

  9. 「不可欠の」|「indispensable」「requisite」の違いと使い方