「disappear」は「(打消し)+見える・見えてくる」→「見えなくなる、消える」

「disappear」は「(打消し)+見える・見えてくる」→「見えなくなる、消える」

dis「(否定)」+ appear「見えてくる、現れる」→「見えなくなる、消える、消失する」

disappear「見えなくなる、消える、消失する」

名詞は disappearance「消失、消滅、絶滅、失踪」

 

As a result of a flood the town disappeared from the landscape last year.

「昨年、洪水のため町は跡形もなく消えてしまった」

 

Mr. Kindani said that there are still doubts about his disappearance.

「彼の失踪には今なお疑問が残ると金田二氏は言った」

 

「apparent」は「~に現れた」→「見えるようになる」⇒「明白な、明瞭な」

ap「~に」+ parent「現れた」→「見えるようになる」⇒「明白な、明瞭な」

apparent「明白な、明瞭な」

副詞は apparently「見たところ」

 

Apparently they’ve run out of tickets for the game.

「どうやら試合のチケットは売り切れたようだ」

 

「apparition」は「見えるもの」→「亡霊、幽霊、幻影」

ap「~に」+ par「見える」+ tion「(名詞語尾)」⇒「亡霊、幽霊、奇妙な現象、幻影」

apparition「亡霊、幽霊、奇妙な現象、幻影」

 

The apparition in the form of young woman finally revealed itself in its true form.

「若い女に姿を変えていた化け物がとうとう正体を現した」

 

「appear」は「見えてくる、見えるようになる」→「現れる、~のように見える」

ap「~に」+ pear「見せる、現れる」⇒「現れる、~のように見える」

appear「現れる、~のように見える」

名詞は appearance「出現、外見」  appearances の形で「状況、兆候」の意味もある。

 

A rickety old building appeared before us in the forest.

「森の中で、今にも崩れ落ちそうな古い建物が我々の目の前に姿を現した」

 

「transparent」は「貫いて現れる、通して見える」→「透けて見える」⇒「透明な、透き通った」

trans「越えて、貫いて」+ par「見える、現れる」+ ent「(形容詞語尾)」→「貫いて現れる、通して見える」→「透けて見える」⇒「透明な、透き通った、電磁波を通す」

transparent「透明な、透き通った、電磁波を通す」

 

Plain glass is transparent.

「ふつうのガラスは透明だ」

 

トップに戻る

関連記事

  1. 「呼び寄せる」|「call」「invite」「summon」の違いと使い方

  2. 「退屈な」|「boring」「dull」「tedious」「not very interesting」の違いと使い方

  3. 「おもしろい」|「interesting」「funny」「amusing」「comical」の違いと使い方

  4. 「結合する」|「connect」「link」「combine」の違いと使い方

  5. 「attend」は「~に(足を)伸ばす、(心を)向ける」⇒「出席する、世話する、看護する」

  6. 「速い」|「speedy」「swift」の違いと使いかた

  7. 「故障」|「be broken」「not working」「out of order」の違いと使い方

  8. 「monotonous」「1つの音だけ」は「単調な」

  9. 「旅行」|「journey」「voyage」「excursion」の違いと使い方