「train」|「列車」と「訓練する」|意味の関係は?

「train」|「列車」と「訓練する」|意味の関係は?

「train」元の意味は「引っ張る、引っ張って(連なって)行くもの」「引きずる、引っ張って行く」

train の元々の語は古いフランス語 trainer。基本的な意味は2つ。

 

1つ目  「引っ張る、引っ張って(連なって)行くもの」から「列車、電車、行列」の意味になった。

2つ目  「引きずる、引っ張って行く」から、何かができるように引っ張っていくので「訓練する」の意味になった。

 

「train」|「観光列車」は「tourist train」

「今年の夏、JR北海道はJR東日本と東急電鉄から観光列車を借り、北海道内で運行する予定だ」

This summer JR Hokkaido will rent tourist trains from JR East and Tokyu Corp and operate in them in Hokkaido’.

 

「乗務員は接客の訓練を受けているところだ」

The crew are being trained in customer service.

 

英語の勉強で大事なことは、言葉の意味とその並べ方。単語と熟語(2つ以上の単語の組み合わせで1つの意味を表すもの)の意味を覚え、正しい順序で並べて文を作ると、通じる英語になる。

「単語、熟語を覚える → 正しい並べ方を覚える → 通じる英語」— この順番が大事。

単語、熟語は必ず文の中で覚える。それが使える英語への最短ルート。

このレッスンでは、よくある間違いをしないためのワンポイントレッスンを紹介します。

関連記事

  1. 「方法」|「way」「method」「manner」「means」の使い分け

  2. 「金品」を英語で言うと? 「money and goods」「money and gifts」「cash and gifts」

  3. 「cook」と「cooking」の違いと使い方

  4. 「調べる」|「examine」「check」「research」「investigate」の違いと使い方

  5. 「結果」|「result」「consequence」「outcome」「effect」の使い分け

  6. 「手と腕」「hand と arm」の使い分けと違い

  7. 「水と湯」「water と hot water」|どちらも 「エイチ・ツー・オー」

  8. 「グラス」|「glass と grass」使い分けと違い

  9. 「arm と arms」「腕と武器」使い分けと違い