「最北の観光列車、7~9月運行」風っこ そうや|北海道宗谷線

「最北の観光列車、7~9月運行」風っこ そうや|北海道宗谷線

JR北海道が運行する「風っこ そうや」の運転日は以下のとおり。

両区間とも一日一往復の運行。

稚内(わっかない)ー音威子府(おといねっぷ)  7月~8月の7日間

日本最北の駅、稚内(わっかない)から音威子府(おといねっぷ)の区間は、7月~8月の7日間運行。

運行日 7月27(土)、28日(日)   8月3(土)、4(日)、10(土)、11(日)、12日(月)

旭川ー音威子府  8月~9月の8日間

旭川ー音威子府の区間は、8~9月の8日間運行。

運行日 8月17(土)、18(日)、24(土)、25(日)、31(土)   9月1(日)、7(土)、8日(日)

全席指定 料金は3,330円

両区間とも全車指定席 136席。

料金は乗車券、指定券合わせて片道3330円。

各運行日の1カ月前の午前10時から、全国の駅のみどりの窓口で販売する。

車窓からは雄大な北海道の景色が堪能

天塩(てしお)川に沿って列車が進むところがあり、またサロベツ原野、雄大な利尻富士が見えるところもあります。

音威子府駅では駅そばが復活

4月25日、音威子府駅構内にある名物そば店「常盤(ときわ)軒」が8カ月ぶりに営業を再開。

営業時間は午前10時半~午後2時。5月は水曜定休。

車両はJR東日本から借り受け

「風っこ そうや」はJR北海道がJR東日本の「びゅうコースター風っこ」2両を借り受け、JR北海道の車両2両を連結して運行。

「びゅうコースター風っこ」は窓ガラスをはずせる構造になっている。北海道の風を感じながら雄大な景色を堪能して下さい。

北海道へは飛行機が便利

道南の観光をしてから宗谷線の観光列車に乗車の場合は、まず新幹線で新函館北斗駅まで。

函館駅から札幌駅まで特急、さらに札幌から旭川駅まで次の特急に乗り継ぐ必要あり。

空路の場合、旭川、稚内の各空港へ。空港からJR駅まで移動し、そこから観光列車を利用する方法があります。

 

【参考】

羽田ー稚内 1日1便

羽田ー旭川 1日7便

名古屋ー旭川 1日1便

新千歳ー稚内  1日1便

関連記事

  1. 「洞爺湖、今年もロングラン花火大会」北海道洞爺湖町

  2. 雪まつりの他にも 楽しい冬を 北海道 その2

  3. 新たなる聖地巡礼 カムイコタン

  4. 日本初のVeuve Clicquot “In the Snow”(ヴーヴ クリコ イン ザ スノー)、北海道ニセコ

  5. 「エゾヤマザクラ開花」北海道釧路

  6. 落花生の豆まき 北海道

  7. 「北海道開拓の村」名物の馬車鉄道、運行開始

  8. さっぽろ雪まつり、準備は着々

  9. 寒い冬を暖かく 北海道 サルも温泉、そしてサルだんご