「クァンタム・オブ・ザ・シーズ入港」北海道函館港

「クァンタム・オブ・ザ・シーズ入港」北海道函館港

2019年5月1日

北海道函館港、港町埠頭にクァンタム・オブ・ザ・シーズが入港

 豪華クルーズ客船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」(16万8666トン)が5月1日、函館港、港町埠頭に初入港した。

 同船は全長347メートル、全幅41メートル。

 海上の高さは60メートル超。客室は2094室、乗客は4800人を超える。

ギネス記録もあり、最先端設備搭載の客船

ギネス記録で、「洋上で一番高い展望デッキ」として登録されているのが展望カプセル「ノーススター」。海上約90mからの絶景が楽しめる。

「アイフライ」ではスカイダイビング体験ができる。

「シープレックス」は洋上最大のスポーツとエンターテインメント屋内施設。

「バイオニックバー」には軽快にシェーカーをふる2基のロボットバーテンダーがいる。

「TWO70」は三層吹き抜けの展望ラウンジで、最先端のプロジェクションマッピングと6基のロボットアーム付き巨大スクリーンが、ロイヤルカリビアンの誇るダンサーと共に幻想的なショーを繰り広げる。

 

過去、函館港最大の客船

同船は、函館市が1987年にクルーズ客船の受け入れを始めて以降、最大の客船。

この日は、多くの函館市民がこれまでで最大の客船を一目見ようと岸壁を訪れた。

 

観光情報トップに戻る

関連記事

  1. Sapporo Lilac Festival begins

  2. 厳寒の北海道でダイヤモンドダストを見よう

  3. 廃止間近の秘境駅へ、北海道

  4. 「フェリー航路」|北海道と各地を結ぶフェリー航路

  5. The First Day of Drift Ice

  6. 「北海道開拓の村」名物の馬車鉄道、運行開始

  7. The Dawn of a New Era

  8. Airplane or bullet train, to Hokkaido

  9. 「阿寒湖、湖水開き」北海道釧路市