さらば、百年記念塔

野幌森林公園 百年記念塔 解体へ

北海道100年にちなんで1970年に建設された「百年記念塔」がなくなります。

 

完成後50年を経た札幌市野幌森林公園内の百年記念塔の解体が決まりました。

 

老朽化が進み8階相当(23.5m)の展望台は2014年から安全面の理由で立ち入り禁止になっていました。ここからは札幌市内、石狩平野が一望できる観光スポットでした。

 

立ち入り禁止のまま維持するだけでも26億5千万円、展望台への立ち入りを可能にする場合は28億6千万の工費が必要と見積もられました。

 

今年9月に、北海道は「安全確保や将来世代の負担軽減の観点から、解体もやむを得ない」として今回の解体方針を固めました。

 

具体的な解体時期は未定ですが、札幌市民そして北海道民に親しまれてきた北海道開拓のシンボルが一つなくなってしまいます。

 

北海道出身の方もそうでない方も、近いうちに是非一度札幌を訪れ、高さ100メートルの雄姿を記憶にとどめていただければ幸いです。

2018年12月13日

観光情報トップに戻る

 

 

関連記事

  1. 廃止間近の秘境駅へ、北海道

  2. 新時代の夜明け

  3. 「夜桜満喫」北海道函館

  4. 雪まつりの他にも 楽しい冬を 北海道 その2

  5. 「北海道開拓の村」名物の馬車鉄道、運行開始

  6. ディノス札幌中央ビル(旧札幌スガイビル)6月閉店、北海道札幌

  7. 雪まつりの他にも 楽しい冬を 北海道

  8. いよいよ流氷の季節が訪れました

  9. 北海道に観光列車が再登場 JR北海道とJR東日本、東急とのコラボ