「瞬間」|「moment」「minute」「instant」「second」の違いと使い方

「瞬間」|「moment」「minute」「instant」「second」の違いと使い方

「瞬間」を表す日本語には「刹那」という言葉もある。時間の最小単位、きわめて短い時間のこと。

英語で「瞬間」は moment、minute、instant、second などの語を使って表す。これらの言葉の使い分けを覚えておきましょう。

 

「瞬間」|「moment」は短く感じられる瞬間

moment は短く感じられる瞬間を表す語。

 

先に出発人する人にはこう言います。

I’ll follow you in a moment. (後からすぐに行きます)

※ in a moment「すぐに」

 

大雨で川の堤防が切れたとき、

The situation doesn’t allow a moment’s delay. (事態は一刻の猶予も許されません)

※ situation「状況」  allow「許す」  delay「遅れ」

 

お酒にはご注意。

I found that I had lost my wallet and I sobered up right at the moment last night. (昨夜、財布がないのに気づいていっぺんに酔いがさめました)

wallet「財布」  sober up「酔いがさめる」

 

「瞬間」|「minute」は短く感じられる瞬間

minute は moment と同様、短く感じられる瞬間を表す語。

 

壁にポスターをはっているとき、

Could you hold this poster against the wall for a minute? (ポスターをちょっと押さえていてもらえる?)

 

夜更かしはだめ、親が子供に言います。

Go to bed this very minute. (早く寝なさい)

 

モノを借りるとき、

May I borrow this pen for a minute? (このペンをちょっと拝借してもよろしいでしょうか)

 

「瞬間」|「instant」は時間を意識しない瞬時

instant は moment や minute よりもさらに時間を意識しないほどの瞬時を表すときに使う語。

 

いろいろなことが突然起こる。

It happened in an instant. (それはあっという間の出来事でした)

 

花の命は短くて、

The cherry blossoms in the park disappeared almost in an instant. (公園の桜はあっという間に散ってしまいました)

 

四半世紀前にはありませんでした。

Thanks to the Internet, we can instantly get news from all over the world at home. (インターネットのおかげで居ながらにして世界中のニュースが瞬時に手に入ります)

 

「瞬間」|「second」は時間を意識しない瞬時

second も instant と同様、時間を意識しないほどの瞬時をあらわすときに使う語。

second と instant では、instant のほうが、少しかたい感じがする。

 

奥様が旦那をお呼びです。

Darling, won’t you come over here for a second? (あなた、ちょっと来てくださらない)

 

お子さんを亡くした方。

The mother has never forgotten her daughter even for a second. (母親はその娘のことを片時も忘れたことはありません)

 

いまにも泣きそうなとき。

The child looked as if he were about to cry any second at the funeral ceremony. (その子は葬式で今にも泣きそうな顔をしていました)

 

まとめ|「瞬間」を表す「moment」「minute」「instant」「second」

moment は短く感じられる瞬間

minute は短く感じられる瞬間

instant は時間を意識しない瞬時、少しかたい感じ

second は時間を意識しない瞬時

関連記事

  1. 「仕事」|「grind」「toil」の違いと使い方

  2. 「conform」は「共に形成する→同じ形にする」

  3. 「問題」|「problem」「issue」「subject」「question」「matter」の違いと使い方

  4. 「immediate」は「仲介物を置かない」⇒「即座の、即時の、直接の、すぐ前の」

  5. 「biennial」は「2年ごとの」⇒「2年ごとの、2年に一度の」

  6. 「肉」を英語でいうと? meat だけが「肉」ではない!

  7. 「detour」は「離れて回る」→「向きを変えて立ち去る」⇒「回り道をする、迂回する」

  8. 「short と shorten」|「短い」と「短くする」使い分けと違い

  9. 「打つ・たたく」|「knock」「slap」「bang」の違いと使い方