「追う」|「follow」「chase」「pursue」「shadow」の違いと使い方

「追う」|「follow」「chase」「pursue」「shadow」の違いと使い方

何かを「追う」のは、物理的に後について行くこともあり、捕まえるために「追う」こともあり、人生の目標を「追う」こともあり、ひそかに「追う」こともある。英語の言い方を覚えておきましょう。

 

「追う」|「follow」はあとについて行く行為

follow は後について行く行為を表すときに使われる一般的な語。

 

熊出没。

The hunters followed the bear’s tracks. (ハンターたちは熊の足跡を追った)

※ track「足跡」

 

道案内。

Please follow me. (私の後についてきてください)

 

逃げおおせた。

We are safe now.  They won’t follow us here. (もう大丈夫、やつらはここまでは追ってはきません)

 

名犬が人間に、

The dog ran ahead as if to say, “Follow me.” (その犬は「ついてきて」と言わんばかりに走っていきました)

 

つきまとい。

The paparazzi followed the couple around. (パパラッチがそのカップルにうるさくつきまとったのだ)

 

「追う」|「chase」は捕まえるために追いかける

chase はつかまえるために追いかけることを表すときに使われる語。

 

追跡。

The police car chased the speeding car, with its siren wailing. (パトカーはサイレンを鳴らしながらスピード違反の車を追いかけました)

 

牛追い。

The cowboy chased the cows into the cage. (カウボーイは牛をおりの中に追い込んだ)

 

万引き。

The shop owner chased the fleeing boy who had shoplifted a lot of books. (店主は本を大量に万引きした少年を追いかけました)

※ shoplift「万引きする」

 

「追う」|「pursue」は捕まえるために追いかける、少しかたい語

pursue はつかまえるために追いかけることを表すときに使われる語で、すこしかたい感じがする語。

 

人生。

My son is determined to pursue the career he has chosen. (息子は自分の選んだ道を迷わずに進んでいくつもりになっている)

 

恋人。

My niece pursued her boyfriend to the United Kingdom. (私の姪っ子が恋人を追ってイギリスへ行った)

 

芸術家。

The painter pursued his dream, refusing to be broken by poverty. (その画家は貧乏にも屈せず夢を追い続けました)

 

「追う」|「shadow」は離れずに尾行

shadow は離れずに尾行することを表すときに使われる語。

 

気のせいか?

I feel I’m being shadowed. (誰かに後ろからつけられている気がする)

 

尾行。

He was shadowed by a detective. (彼は探偵につけられました)

 

危ない人。

The criminal of the murder case was shadowing the woman. (殺人事件の犯人はその女性をつけ狙っていました)

※ criminal「犯人」  murder case「殺人事件」

 

まとめ|「追う」「follow」「chase」「pursue」「shadow

follow は後について行く行為

chase は捕まえるために追いかける

pursue は捕まえるために追いかける、少しかたい語

shadow は離れずに尾行

関連記事

  1. 「食べ物」|「cooking」「cuisine」の違いと使い方

  2. 「話す」|「talk」「speak」の違いと使い方

  3. 「旅行」|「journey」「voyage」「excursion」の違いと使い方

  4. 「借りる」|「borrow」「rent」「hire」「use」の違いと使い方

  5. 「機会」|「chance」「opportunity」「occasion」の違いと使い方

  6. 「protest」は「人前で証言する」→「主張する、異議を唱える、抗議する」

  7. 「trivial」は「どこにもある、ごく普通の」→「ささいな、ありふれた、(中世の大学の)三学科の」

  8. 「forecast」は「前もって投げる」⇒「予想する、予測する、予報する」

  9. 「磨く」|「shine」「polish」「burnish」の違いと使い方