廃止間近の秘境駅へ、北海道

廃止間近の秘境駅へ、北海道

「LCC」+「ひがし北海道フリーパス」キャンペーン

秘境駅へ

JR北海道のダイヤ改正で2019年3月15日に廃止される駅があります。

その中に道東の初田牛(はったうし)、直別(ちょくべつ)駅、尺別(しゃくべつ)駅などがあります。

 

初田牛駅は鉄道ファンの間で秘境駅としても知られている駅です。

 

もうすぐ廃線、夕張支線

さらに財政破綻で全国的に知られた夕張市を走る石勝線夕張支線。

この夕張支線(新夕張-夕張、16.1Km)は3月31日をもって営業を終了します。

 

これらの駅をお得なフリーパスで訪れてみるのはいかがでしょう。

 

「ひがし北海道フリーパス」

お得な「ひがし北海道フリーパス」があります。

 

LCCのPeach Aviation・バニラエア とJR北海道によるキャンペーンが行われています。

それが「ひがし北海道フリーパス」です。

空路、北海道へ

北海道へは新千歳空港(Peach・バニラエア)か釧路空港(Peach)から入ります。

Peachは昨年から釧路便も運航されています。

 

JRでゆっくり旅

JRの利用範囲は次の範囲です。

新千歳ー札幌

小樽―札幌―旭川―遠軽―網走―摩周―釧路

旭川ー富良野ー新夕張

新千歳空港――新夕張――帯広―釧路―根室

初田牛駅

今回廃止される初田牛駅は開業99年。

もう少しで100年になるところでしたがあと1年、届きませんでした。

2013年から2017年の平均乗降者は月約6人。

一日平均0.2人でした。

 

現在は1日4往復8便が停車するのみです。

昨年10月に同駅の廃止が決まると、秘境駅として人気のあったこの駅を訪れる人も増えました。

 

廃止まであとわずかです。

 

新千歳空港からまず札幌に寄り、札幌見物をしてから初田牛駅を訪れるのもよし。

釧路空港から北海道入りし、初田牛駅に別れを告げ、旭川、札幌と北海道のマチを訪れます。

そして、新千歳空港からお帰りになるというのもいかがでしょうか。

 

春の訪れの遅い北海道を少し違ったところから是非、お楽しみ下さい。

 

「ひがし北海道フリーパス」

Peach・バニラエア利用の方対象

有効期間 5日間

お値段  大人 15,500円、子ども 7,750円

「ひがし北海道フリーパス」以外に「きた北海道フリーパス」もあります。

キャンペーン期間中、各地の観光施設での割引や優待もあります。

詳しくはJR北海道のホームページをご覧下さい。

 

 

関連記事

  1. 「クルーズ船、続いて寄港」北海道函館港

  2. 雪まつりの他にも 楽しい冬を 北海道 その2

  3. 「名物とうきびワゴン」始まりました|北海道札幌、大通公園

  4. 「最北の観光列車、7~9月運行」風っこ そうや|北海道宗谷線

  5. 「さっぽろライラックまつり」始まる|北海道札幌

  6. 「サクラ、札幌にも到着」北海道札幌|満開は10連休前半

  7. 「北海道函館港、若松埠頭にアザマラ・クエスト接岸」

  8. 26両編成の保安列車運行、北海道釧路

  9. 新時代の夜明け