小樽商科大学 過去問 2018(H30)年02月25日実施 第2問

小樽商科大学 過去問 2018(H30)年02月25日実施 第2問

小樽商科大学 過去問 2018(H30)年02月25日実施

 

第2問 Read the text below.  Following the text are ten statements.  Five statements are false.  Write the numbers of the false statements in the brackets and rewrite the statements in English to make them true. (50点)

Many economists try to scare the public in developed countries into thinking that aging populations are a problem.  They describe how aging will make a nation’s population less innovative and vibrant.  They wring their collective hands over the impact on the working population of having to care for so many retirees.  Ultimately, they urge incentives for population growth, both to increase the birth rate and to increase immigration.  These arguments are based on a view of the future that is, in reality, a Ponzi scheme.  Endless growth of population is impossible, and additional young people and working-age immigrants will grow older and need support.

Instead, we should be celebrating aging society, not trying to find ways to offset them with higher birth rates.  Since the world’s population growth must stop at some point, each country should move toward a system that does not rely on ever-increasing numbers of people to support the elderly or to maintain economic welfare.  In fact, incentive program like those in Germany and France, if they are successful, will only make the “dependency ratio” worse by adding babies (who are 100% dependent) to the burden on the working population.

Many of the elderly in most developed countries have savings that make them able to live independently for many years of retirement.  More important, there is a much faster fix than trying to add more children, who will not become economically productive for decades: raising retirement ages to reflect the greater longevity and working capability of today’s older adults and to make pension programs more sustainable.

Here is a more troubling problem when governments encourage fertility though: the state is providing the worst possible motivation for becoming parents.  An example is Mongolia, which is paying $25 per Mongolian baby born.  There are reports of some people having babies just to collect the $25 before turning the child over to an orphanage.

In short, we need to plan for flat and probably shrinking populations and not try to postpone the day when those goals are achieved.  Otherwise, we face serious environmental and social problems.

 

wring one’s hands: be anxious

Ponzi scheme: illegal investment operation in which each investor has to recruit several new investors

 

Statements

(1) The author believes that population aging is welcome and should not be stopped.

(2) Many economists worry that having to care for a large number of retired elderly people will be

a burden on the working population.

(3) Economists believe collective work will lower the impact of population aging.

(4) Germany and France have introduced a system that does not rely on population growth to

support the elderly and maintain economic welfare

(5) Today’s older adults will live longer and work better than future generations.

(6) Higher birth rate will increase the economic burden on the working population.

(7) Governments should decrease pensions in order to make retirement programs sustainable.

(8) Programs trying to increase birth rates through financial stimulus give rise to bad parenting.

(9) If population shrinking is not stopped, the planet will face environmental and social problems

(10)  Higher birth rates and immigration do not offer permanent solutions to the problems of aging societies.

解答

(3)  Economists believe that population growth will lower the impact of population aging.

(4)  Germany and France have introduced a system that relies on population growth to support the elderly and maintain economic welfare.

(5)  Today’s older adults live longer and work better than previous[またはearlier] generations.

(7)  Governments should raise retirement ages in order to make pension programs sustainable.

(9)  If we don’t plan for population shrinking, the planet will face environmental and social problems.

 

解説

(1) 第2段落第1文に一致している。「筆者の考えでは、人口の高齢化は歓迎すべきであり、止めるべきではない」。

(2) 第1段落第3文に一致している。「経済学者の多くが心配しているのは、退職した大量の高齢者の世話をしなくてはならないことが、労働者人口の負担になることだ」。

(3) 第1段落第3、4文を参照。 「経済学者の考えでは、人口増加によって人口高齢化の影響は緩和される」。wring their collective hands over ~ 「~を皆で嘆いている」。

wring one’s [the] hand (苦痛・悲しみ・絶望などの仕草として)手を絞るようにする、手をもむ。

(4) 第2段落第2、3文参照。「ドイツとフランスは、人口成長に依存して高齢者を支え、経済的福祉を維持する制度を導入済である。」incentive program「奨励事業」の内容は赤ん坊を増やすこと、つまり人口成長に依存している。

(5) 第3段落第2文を参照。「今日の高齢者は過去の世代よりも長生きし、よく働いている。」

(6) 第2段落最終文に一致している。「出生率の上昇は、労働人口の経済的負担を増やすだろう。」

(7) 第3段落第2文参照。「政府は「年金制度」を持続可能にするために、定年を引き上げるべきだ。」

(8) 第4段落第2、3文に一致している。「財政的刺激により出生率上昇を目論む計画の結果、育児の質がさがる」。

(9) 最終段落参照。「もし人口減少への対策がなされなければ、地球は環境問題や社会問題に直面するであろう。」

(10) 第1段落4、5文に一致している。「出生率と移民を増やすことは高齢化社会という問題の恒久的解決策にはならない。」

 

 

 

全文訳

多くの経済学者が、人口の高齢化を問題視するようにと先進国の国民を脅かそうとしている。彼らは高齢化によって国民が革新的でなくなり、活力をなくしていくと説明する。彼らは一段となって、あまりに多くの退職者の面倒をみることが就労人口に与える衝撃について嘆く。彼らは最後には、出生率を上げ、また移民を増やすため、人口増加のための奨励策を求める。このような議論は、未来を見る観点が実はねずみ講に基づいている。人口を無限に増加させることなど不可能であり、増えた若者も就労年齢の移民も、いずれ年を取って支援が必要になってくる。

むしろ、我々は高齢化社会を喜ぶべきであり、出生率を増やして相殺する方法を探そうとするべきではない。世界の人口増加はある時点で止めなくてはならないので、どの国も高齢者を支援したり、経済的福祉を維持したりするために、とめどない人口増加に頼らないシステムに移行すべきなのである。実際、ドイツやフランスの奨励事業などは、もしうまくいったとしても、就労人口の負担に赤ん坊(100%扶養)を追加することで、「依存人口比率」が悪化するだけである。

ほとんどの先進国の高齢者の多くは、退職後何年も自立して生きていける貯蓄がある。さらに重要なことに何十年も経済的な生産性を生まない子供の数を増やそうとするより、ずっと速くできる解決策がある。つまり、今日の高齢者のますますの長命化と就労能力を反映し、また年金制度をより持続可能にするための退職年齢の引き上げである。

しかし政府が出産を奨励するときに、もう1つさらに厄介な問題がある。親になるための考え得る最悪な動機づけを政府がすることになるのだ。1つの例がモンゴルである。モンゴル人の赤ん坊が生まれると、1人当たり25ドルを支給している。この25ドルを得るためだけに子供を産んで、その後、孤児院に預けてしまう人がいるという報告があるのだ。

まとめると、我々は変わらない人口、あるいは減っていくであろう人口への対策を考えるべきであり、その目標を達成する日を延期するべきではない。さもないと、我々は深刻な環境問題と社会問題に直面することになる。

関連記事

  1. 小樽商科大学2011年第5問(b)

  2. 小樽商科大学2013年第5問(b)

  3. 小樽商科大学2010年第5問(a)

  4. 小樽商科大学2012年第5問(3)

  5. 小樽商科大学 過去問 2018(H30)年02月25日実施 第3問

  6. 小樽商科大学2014年第5問(a)

  7. 小樽商科大学2017年第5問(b)

  8. 小樽商科大学2014年第5問(b)

  9. 小樽商科大学過去問|2017年第2問 解答