小樽商科大学2015年第5問(b)

小樽商科大学2015年第5問(b)

小樽商科大学2015年第5問(b)は、指定された題材について自分の考えとその理由を述べる問題である。

 

問題文(英語)

What is the secret of happiness?  Why do you think so?  (About 60 Words)

 

この問題は、「幸福の秘訣(secret)は何か、またそう考える理由を述べよ」という問題である。

「秘訣」という意味の secret は通例 the をつけて the secret の形で「~の秘訣」の意味で使う。

(例)「成功の秘訣」 the secret of success、「若さを保つ秘訣」the secret to staying young のようにいう。

 

今回の小樽商科大学の自由英作文のレベルは、下記の通り。

レベル 内容
高校生 幸せを感じるのはどんなときか、などの問いに簡単に記述させる。
難関私立大 幸福になる秘訣とその理由を記述させる。
小樽商科大学 幸福になる秘訣とその理由を記述させる。

「幸福感」は主観的なものなのでよく言われる、目標を設定し努力し達成した満足で幸福感を感じるという記述をする。

「小樽商科大学 自由英作文」2015年 第5問(b)

What is the secret of happiness?  Why do you think so?  (About 60 Words)

「小樽商科大学 自由英作文」の考え方

  1. 英語の問題文を読む
  2. 単語・文法をチェックする
  3. 問題文の内容を把握する
  4. 解答に必要な単語をピックアップする
  5. 記述内容の展開を考える
  6. 英作文を作成する

答えを導くために必要な単語・文法

レベル 単語・文法
初級 secret 秘訣
初級 happiness 幸福

自由英作文の解き方

  1. 問題文を翻訳(内容を把握)する
  2. 求められていること確認する
  3. 必要な単語を問題用紙にメモする
  4. 自由英作文を作成する
1.問題文を翻訳(内容を把握)する

問題文(英語)

What is the secret of happiness?  Why do you think so?  (About 60 Words)

2.求められていることを読み取り確認する

問題文(翻訳)

「幸福になるための秘訣は何であるか。またそう考える理由をのべよ」(60語前後)

問題で求められていることは、

「幸福になる秘訣と、その理由」である。

3.必要な単語をメモする

~と思う、考える  I think that …

秘訣  the secret       「秘訣」の意味では the を落とさないこと

幸福、幸せ  happiness

目標  goal

頑張る  work hard

達成する  achieve

~に満足する、~に満足を見出す  find satisfaction in …

~してもあまり意味がない  there is not much point in –ing

成し遂げたこと  what we have done

人生  life

短い  short

~について嘆く  cry over …

 

解答例

I think that the secret of happiness is to set a goal in life, work hard to achieve it and find satisfaction in what we have done.  There are two reasons why I think so.  First, our life is too short to do a lot of things.  Second, there is not much point in crying over what we haven’t achieved.  (57語)

(幸福になる秘訣は人生の目標を定め、達成すべく努力し、成し遂げたことに満足を見出すことだと考える。そう考える理由が2つある。第一に人生は多くのことをなすには短すぎる。第二に達成できなかったことを嘆いてもあまり意味はない。)

関連記事

  1. 小樽商科大学「英語過去問 第4問」|2018年2月実施

  2. 小樽商科大学2013年第5問(b)

  3. 小樽商科大学2011年第5問(a)

  4. 小樽商科大学2015年第5問(a)

  5. 小樽商科大学 過去問 2018年02月25日実施 第5問 解答

  6. 小樽商科大学過去問|2017年第2問 問題

  7. 小樽商科大学2013年第5問(a)

  8. 小樽商科大学過去問|2017年第1問 問題

  9. 小樽商科大学2019年第5問(b)