「大倉山、宮の森ジャンプ台、集約案」北海道札幌

2019年4月30日

「大倉山、宮の森ジャンプ台、集約案」北海道札幌

札幌市は二つあるジャンプ台を集約する方向で検討を始めた。

大倉山ジャンプ競技場に宮の森ジャンプ競技場を集約するという案。

 

現在は大倉山と宮の森ですみ分け

大倉山ジャンプ競技場は、ヒルサイズ137メートル。ラージヒルの各種大会が行われている。

宮の森ジャンプ競技場は、ヒルサイズ100メートル。こちらは、ノーマルヒル大会が行われている。

 

大倉山に二本のジャンプ台

大倉山に大小2本のジャンプ台を並べる構想。

目的は、各種大会の運営効率化と維持管理費の削減。

考えられる案として、敷地に余裕がある大倉山のジャンプ台を山頂に向かって左側に移し、右側にノーマルヒルのジャンプ台を新たに整備する。ランディングバーン(着地路)は共通化するというもの。

 

宮の森は今後検討

宮の森ジャンプ競技場の扱いは今後検討するとのこと。

 

関連記事

  1. The First Day of Drift Ice

  2. 「クルーズ船、続いて寄港」北海道函館港

  3. 新時代の夜明け

  4. 「北海道開拓の村」名物の馬車鉄道、運行開始

  5. 新たなる聖地巡礼 カムイコタン

  6. いよいよ流氷の季節が訪れました

  7. 「洞爺湖、今年もロングラン花火大会」北海道洞爺湖町

  8. 厳寒の北海道でダイヤモンドダストを見よう

  9. Otaru Snow Light Pass