「supply」は「下から埋めていく」⇒「供給する、支給する」となる

「supply」は「下から埋めていく」⇒「供給する、支給する」となる

supply は、sup- 「下に」+ ply「満たす」の組み合わせで出来た語。

この単語の綴りで、-pp- と、p が二つ重なっているのは、sup- と ply にそれぞれ「 p 」 があるため。語の成り立ちを覚えると、スペルミスを防ぐこともできる。

 

supply の意味は、

動詞 「供給する、支給する」

名詞 「供給、支給」

 

例文で覚えよう。

The shopping mall supplies customers with a wide range of services.

「そのショッピングモールは顧客に幅広いサービスを提供している」

supply ~ with …  「~に…を供給する」

 

The steam locomotive requires a constant supply of coal and water.

「蒸気機関車は常に石炭と水の供給を必要とする」

 

「complete」は com-(完全に)+ple(満たす)⇒「すっかり満たす」

complete  形容詞は「完全な」、動詞は「完成させる」の意味。

 

This church took five years to complete.  「この教会の完成には5年かかった」

 

「compliment」は com- (共に)+ pli(満たす) + ment (名詞語尾) ⇒「共に満たすこと」

compliment は「共に満たすこと」の意味。互いに満たしているので、名詞「賛辞、ほめ言葉」、動詞「ほめる」の意味になる。

初級英語で覚える言い方の一つに次のものがある。

Thank you for your compliment.  「ほめてくれてありがとう」

 

「fulfill」は ful(十分に) + fill(満たす) ⇒ 「果たす、満たす」の意味になる。

「満たす」の意味の fill、full は元々の印欧祖語では「 pel 」だったが、やがて p → f の音変化が起こり、現代英語では fill や full の形になっている。

 

「彼は世界的に有名なバスケットボール選手になるという野望を果たした」

He fulfilled his ambition to be a world-famous basketball player.

 

「surplus」は sur(上に) + plus (より多く) ⇒ 「満たす状態を超えて」の意味になる

surplus 名詞の意味は「余剰、黒字」、形容詞の意味は「余分な、余剰の」

 

The trade surplus only increased by a very small amount over last fiscal year.

「貿易黒字は昨年度より若干の微増にとどまった」

 

関連記事

  1. 「instruct」は「心の中に築く」⇒「教える」

  2. 「問題」|「problem」「issue」「subject」「question」「matter」の違いと使い方

  3. 「信じる」|「believe」「believe in」「trust」の違いと使い方

  4. 「duplicate」は「2つ重ねる」ので「複製の、二重の」となる

  5. 「地図」|「map と atlas」どちら?

  6. 「garden と yard」|「庭」の使い分けと違い

  7. 「consider」は「一緒に星を」→「多くの星を一緒によく見る」→「念入りにみる、調べる」⇒「よく考える、熟慮する、~とみなす」

  8. 「adjust」は「~の近くに置く」→「~にぴたりと合わせる」

  9. 「intangible」は「触ることができない」⇒「触れることのできない、実体のない、無形の」