「protest」は「人前で証言する」→「主張する、異議を唱える、抗議する」

「protest」は「人前で証言する」→「主張する、異議を唱える、抗議する」

pro「人前で」+ test「証言する」→「人前で証言する」⇒「主張する、異議を唱える、抗議する」

protest   動詞「主張する、異議を唱える、抗議する」

protest   名詞「抗議、異議、主張、断言」

注意! 名詞と動詞とで発音が違う

名詞は PRO-test のように PRO の部分を強く発音する。

動詞は pro-TEST のように TEST の部分を強く発音する。

 

The old driver protested his innocence.

「その高齢の運転者は自分の無実を主張した」

 

The protest was about the infringement of their democratic freedoms.

「抗議は彼らの民主主義的自由への侵害についてのものであった」

infringement「侵害」

 

「attest」は「~に対し証言する」⇒「~を証言、証明する」

at「~に対し」+ test「証言する」→「~に対し証言する」⇒「~を証言する、証明する」

attest「~を証言する、証明する」

 

The fingerprints on the kitchen knife attest to his guilt.

「包丁の指紋が彼の有罪の証拠だ」

 

「contest」は「一緒に証言する」⇒「争う、異議を唱える、反対する」

con「一緒に」+ test「証言する」→「一緒に証言する」⇒「争う、異議を唱える、反対する」

名詞 contest「競争、競技、論争、争い」

動詞 contest「争う、異議を唱える、反対する」

注意! 名詞と動詞とで発音、強勢がことなる

名詞は CON-test のように CON を強く発音する。

動詞は con-TEST のように TEST を強く発音する。

 

Her sisters are contesting the will.

「彼女の姉妹はその遺言書に異議を申し立てている」

 

「detest」は「悪意を持って証人に呼ぶ」→「呼びたくない」⇒「憎む、ひどく嫌う」

de「(非難)」+ test「承認に呼ぶ」→「悪意を持って証人に呼ぶ」→「呼びたくない」⇒「憎む、ひどく嫌う」

detest「憎む、ひどく嫌う」

形容詞は detestable「嫌悪すべき、大嫌いな、忌まわしい」

 

The writer detested flattery.

「その作家はお世辞なんか大嫌いだった」

 

「testify」は「証言する」

test「証言」+ ify「~する」→「証言する」⇒「証言する、証明する、保証する、証拠となる」

testify「証言する、証明する、保証する、証拠となる」

 

The witness testified against the accused.

「証人は被告に不利な証言をした」

関連記事

  1. 「境界」|「border」「frontier」「boundary」の違いと使い方

  2. 「invent」は「上に出てくる」→「創り出す、発明する」

  3. 「surpass」は「上を越える」→「まさる、しのぐ、~を越える」

  4. 「exist」は「外に出て立つ」⇒「存在する、生存する、実存する」

  5. 「悪い」|「bad」「evil」「ill」「wicked」「naughty」の違いと使い方

  6. 「forecast」は「前もって投げる」⇒「予想する、予測する、予報する」

  7. 「disarm」は「武器を奪う」ので「武装解除する」

  8. 「discharge」は「反対・逆+荷を積む」→「荷を下ろす」⇒「降ろす、発射する、解放する、解雇する」

  9. 「conform」は「共に形成する→同じ形にする」